アールグレイはいかが?

アクセスカウンタ

zoom RSS トヨタの絵画展 苫小牧で

<<   作成日時 : 2017/08/19 11:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像苫小牧のトヨタ自動車北海道の創業25周年を記念した絵画展が7月27日、苫小牧市美術博物館で始まった。

モネの「睡蓮」をはじめ、ルノワール、セザンヌ、シャガールなど、ヨーロッパ近代美術の多彩な34作品が展示されている。

同社は地域貢献活動として5年に1度、観覧無料の絵画展を開いており、今回のテーマは「水から未来を紡いで・・・20世紀美術の創造」。

  水から未来を紡いで

すべての生命にとって必要なものであり、ときに自然の中で脅威ともなる水の存在は、もっとも身近なものでありながらも、私たちの想像力をはるかに超えた無限の可能性を秘めています。





画像20世紀は、科学技術や産業が飛躍的に発展し、人々の生活は便利で豊かになりました。その一方で、現在に繋がる様々な社会問題が表面化し、大きな転換期を迎えます。

美術の世界においても、そうした社会の潮流と呼応するように、これまでにない表現が次々と生まれました。

本展は、フランスの近代絵画を中心に、20世紀のヨーロッパ近代美術の多彩な創造を34点の作品によりご紹介いたします。

一滴の水が大海を作りだすように、想像と創造の力の広がりを辿ります。











18日、午前中に行ってきた。

画像モディリアニの「青い背景の娘」があった。

ターナーの「風景」やモーリス・ド・ヴラマンクの「橋」が好き。

アンケートに答えていただいた。

ルノワールの「ルイ・プラ夫人の肖像」

「橋」と「風景」も。










5年前の展示
http://hatigatunokujira.at.webry.info/201207/article_14.html   画像

http://hatigatunokujira.at.webry.info/201207/article_15.html

http://hatigatunokujira.at.webry.info/201207/article_16.html

http://hatigatunokujira.at.webry.info/201207/article_17.html



美術博物館のロビーに

 河北省 秦皇島市より贈られた兵馬俑(レプリカ)








画像ウトナイ湖で休憩。

鳥はたった一羽しか見えなかった。

お寿司を着たすずめ?


桃5個1000円を買う。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トヨタの絵画展 苫小牧で アールグレイはいかが?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる