アールグレイはいかが?

アクセスカウンタ

zoom RSS 残月とカラスとレールの軋む音

<<   作成日時 : 2018/01/03 18:02   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像残月とカラスとレールの軋む音 闇を秘めたる夜明けの友よ


ずいぶん前のこと、残月を詠んでいた方がいて、真似たいな〜と思っていた。

数回詠んできた。


残月もカラスも貨物列車のレールの軋む音も、寂しげで、短歌に合うかなと思って・・・



結社から届いた今回の歌集に、思いがけない批評が添えられていて驚いた。

上の句と下の句の間の一字空け(この場合は必須)が効いている。

伝統的な歌い方とは異なるが、現代詩的な詩境の把握が面白い。

・・・・

伝統的ではない??

現代詩的??

詩境の把握??


迷いなく思いついた七七を、これでいいのか、カラスを漢字にしようかと考えた。


そういえば・・・

先生から「個性的、斬新」と言われたことが二回ある。

まだ短歌自体がわからないので、個性的も斬新さも自分ではわからない。

もしかしたら、欧米かぶれだったから、そういう気配が伝わるのかな?


元講師をされていた方の年賀状に、

いつも斬新な歌を見せて戴いてありがとうございます。物事に対する視座の確かさを思います。


視座とは、物事を認識するときの立場・・・へぇ〜初めて知った.



年賀状だから思いやりも盛られていると思うが・・・



心が乾かないように、「感動を求めて生きているの」と、ずっとノーテンキでいたいな。


お正月が過ぎ、札幌の街が落ち着いたら、また映画を観に行こう。

(年末の人の多さに驚いた)



写真は、紅白歌合戦の島津あやさんの、「ローズ」より拝借。


4日記

プレバト選手権をみていたら、Kisーmy-Ft2の千賀健永の作品が1位になった。

 雪原や星を指す大樹の骸(むくろ)

雪原と青空の写真から、昼から夜へ。星を指している骸になった大樹。

夏井先生は、たしか清浄と言う言葉を使っていたような・・・

すばらしい!

本人も泣いていたが、夏井先生ももらい泣きしていた?






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
素晴らしい歌を詠まれましたね。
明け鴉は近きにありて憎きもの遠くに聞きて夢の中ですが、
長い貨物の車列の響きと合わせて友と呼びかける心、
眼を閉じていても映像が浮かんでくる名句だと思いました
目黒のおじいちゃん
2018/01/05 14:55
夜明けにはレールの音が聞こえる日があります。残月と憎まれ者のカラスがつながりました。伝統的な作り方ではないという意味が、よく理解できていません。
続けていたらその内詠めるようになる日が来るかもしれません。
思いを受け止め、共感していただけて嬉しいです。拍手はちょっと多いですが、お褒めいただきありがとうございます。
アールグレイ
2018/01/05 16:55
詩歌は皆目ど素人ですが、よい歌は誰でもわかりますよね。
近くの明け鴉は都会ではゴミ収集置き場を集団で漁り、思うように採れないとビニール袋を裂いて振り回し、昼間は暇で植木鉢の花を咥えて撒き散らして鉢底に潜む幼虫を食らう嫌われ者のギャングです。遠くではあさげらけ、月明かりで仲間親子を呼び合うトキの声では目覚まし時計ではありますね、詠み者は後者を読み込んでおられるのでしょうか。
目黒のおじいちゃん
2018/01/06 17:24
再び、ありがとうございます。
カラスの悪戯に何度も遭い、生ごみ用のステンレスの容器の上の石をずらしているのを見たとき、私はカラスに負けたと観念しました。そして、今はホームセンターで買ったボックスに入れています。
早朝にウオーキングをしていたとき、郊外のねぐらから1羽2羽と集まってくるのを見ました。夕方のウオーキングの時には、電線に1羽2羽と集まり、郊外へ向かって帰るのを見ました。サラリーマンみたいだと思いました。
そんなカラスに心があるなら、悲しみを持っているのではないかと・・・嫌われ者のカラスのもう一面を思ったとき、歌が生まれるのではないかと思います。
アールグレイ
2018/01/07 13:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
残月とカラスとレールの軋む音 アールグレイはいかが?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる