アールグレイはいかが?

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本からもう一度夢へ 石川遼くん

<<   作成日時 : 2018/01/12 05:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像夢を抱いてアメリカへ行ったが、芽が出なかった・・・

アメリカで勝負するには飛距離が大切なのか・・・1打目のドライバーにこだわっているように伝わってきた。

そのドライバーの安定感がなく、予選落ちだったり・・・低迷していた。

日本では最年少で賞金王になり、何かと華々しい話題を持ち続けていられたのに・・・

かたや、同期の松山英樹君はアメリカのツアーで4勝し、世界のトップクラスにいる。

悔しいだろうな・・・



画像遼くんはコースが優しい日本向きなのでは?

遼くんが試合に出るのと出ないのとでは、観客動員数が変わると、駐車場整理のお兄さんから聞いた。

宮里藍ちゃんのように活躍してほしかったけれど・・・

夢がかなわなくて日本に戻りプレーをしている女子選手は何人かいる。

遼くんはどこで見極めるのだろうか?

来期のシード権が取れず、日本でのプレーになった。


現選手会長の宮里勇作選手から、来期の選手会長にと頼まれたそうな。

「時間をください」と一度は断ることも視野に入れたという。

練習時間は減るし「大人の事情」は知らないことだらけ・・・・

でも、今までどうしたらゴルフファンが増えるかと考えてきたそうで、チャンスと思い、引き受けたという。

史上最年少の選手会長が誕生した。

そして、アメリカで見たギャラリーへのサービスを広げたい。「ギャラリーファースト」にを実現させたいそうだ。

ホント!

アメリカの試合をテレビで観ていたら、日本ほど「静かに」なんて言うこともなく、ロープもギャラリーの直ぐ近くに張られている。

そういうざわつく中でプレーしていたら、度胸がつくのではないだろうか?

何でも欧米と言うわけではないけれど、日本は過保護のような気がする。



新聞より拝借

・・・・

来期は日本ツアーを軸に戦います。米ツアーでは目の前の結果に一喜一憂して、ビジョンがぼやけていました。米ツアーにいるだけで価値があるわけではないのに。

日本にいたころは「マスターズ優勝」という夢をはっきり公言することができた。今は頭がスッキリ整理されていて、またその目標を口に出すことができます。

ここからもう一度夢に向かっていきます。


新年度、日本ゴルフツアー選手会の選手会長になりました。




勝てなくともファンなんだけど、あまりに予選落ちが続くと観るのも辛くなった。

今年も千歳のセガサミーカップと輪厚のANAオープンに行きますからね!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本からもう一度夢へ 石川遼くん アールグレイはいかが?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる