アールグレイはいかが?

アクセスカウンタ

zoom RSS 巧みな歌

<<   作成日時 : 2018/05/26 18:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像「元気そうね」お茶を濁して帰る道セーターの毛先チクチク刺さり

確か通院したり1人暮しの先輩だったと思うが、「お元気そうね」と気持ちを推し量らずに軽く言ってしまい、自分の思いやりのなさに胸が痛んだ。

言った相手がどなただったのか・・・思い出せない・・・・


結社の代表の方のページに

巧みな歌

二、三句は「お茶を濁したる帰り路に」結句は「刺さる」と終止形で締める。

と直された。

「巧みな歌」なんて一度も言われたことがないものね。


何気ないことの奥に、気持ちや心を滲ませた作風の先生のお陰です。


Yさんの文芸誌掲載の歌

 いちにんに嫌われしかと思ふ日の降りては解ける如月のゆき

 一回転回れば夕暮れて思想をもたぬ回遊の魚

 ほろ苦き独活を食ぶればほろ苦き億ひ一つが喉とほりゆく

 君の名をしたためしこと杳(とほ)くしてリラ香るそら彼岸まで蒼し

 冷水のながれに咲けば炎ゆるなどなき一生(ひとよ)かとクレソンの花


瑞々しいねと、声が上がった。


例会の新聞掲載歌は

老いるとは斯様なるものと思いつつ大根刻む人参刻む

仕組まれてやらさる日大アメフトの悪質タックル人間哀れ

久々の姉住む郷に木々育ち山陰伸びて五位鷺の舞う

石狩の大地に桜花開拓の苦労あればこそ 今

草はらを歩む鶺鴒飛び立ちぬ白木尾羽をひとつ残して

ありのまま受け入れてくれて心地良しと言った魂今も一緒に



6月に図書館で札幌の大学教授の短歌の講演会がある。

女性講師で、若い方だ。

参加者は、「恋の歌」を持参とある。

それらしいのを詠んでみたが、孫の運動会のため参加できない。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
巧みな歌 アールグレイはいかが?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる