アールグレイはいかが?

アクセスカウンタ

zoom RSS 伏流水のような友と空港で

<<   作成日時 : 2018/07/01 16:13   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像26日、帰省していた友達と千歳空港で会う。


2年ぶりだったけれど、昨日の続きのように話す。

お元気そうな友達は、黒のジャケットの中に白地に濃淡のグリーン系の模様のお洒落なブラウスを着ていた。  (空港で買った、お揃いの撥水製の帽子)

イタリア製とのこと・・・セレブへの憧れはなくなったと思っていたけれど、やっぱりいいな〜

生意気だけど、大人のやわらかさもでていて、よく似合っていた!

何から話したか思い出せないが、滞ることなく、尽きることなく、よどみなく、話した。


道東から札幌へ出てこられるという、93歳の叔父さまに会いに来ると聞いていた。

93歳の方が1人でどうやって4時間もの長旅をして、出てこられるのだろうと、そのことが一番気になっていた。

若い?奥様とご一緒だったらしい。耳は遠くなったが、知性にも行動にも、エネルギーのある方のようだ。

やっぱり・・・



友達との出会いは、市立札幌病院の耳鼻咽喉科に入院したときからだ。19歳と22歳。

読書家の友達が、年下の私やもっと若い女の子たちを相手に、話をしてくれたような・・・?

その中のひとつ。暗殺されたケネディ大統領は、ホントは生きている・・・という、リーダース・ダイジェストにあったアメリカ人が書いたのを話してくれた。

信じがたいことではあったけれど、作家はまことしやかに書いたらしく、聞いていて楽しかった。話し上手だったのかも。

出会いは病室だったけれど、その後のつながりは、友達の静謐なところに惹かれたような気がしている。

ヴィルヘルム・ハンマースホイの描く、後姿の女性画のような静寂が伝わる。

友達の紹介で、マリア、、ジョナ、メルジムの、3人もの里子に出会えた。私の歴史に残るできごとである。

特にジョナとは心が通じ合ったと思っている。最後の手紙。

http://hatigatunokujira.at.webry.info/201311/article_14.html


会いたいな〜

お互いや配偶者の老いのことなど、話した。




画像友達とは、他のことに言い換えずにストレートに通じるところがいいな。

見た目は女性らしいけれど、心は男前かな?

盲目的になることは少ない・・・理性的というか、なぁなぁも苦手だと思う。凭れかからないところは似ている。

視野が広く、自己チューに片寄らない。

自分自身にたくさん、継続して”投資”をされ、豊かにしてきたのでしょうね。

楽しむことを怠けていない。

それと、長女ということもあるせいか、面倒見がいい。

私は末っ子の甘ちゃんだと自覚しているが、老いてみたら、姉達が甘えてくるようになった。恩返しが出来るときがちゃんとくるものだ。

Y子さん、きっと、弟さんたちもお姉さんに恩返ししてくれますよ!


友達のお土産

粒生姜舞昆

大き目の塩昆布と黒舞茸、粒に切った生姜。

函館の真昆布、椎茸、舞茸をりんごの発酵酢に漬け、ダシをよけておく。大釜で秘伝のしょう油ダレにパイナップルの甘みと酸味を加え、先のダシを戻す。桑の葉や玄米などの発酵調味料を加えて直火仕込み製法で炊き上げる。

深い味。おにぎりにも、ごはんに混ぜても(私は)O・K。


柑橘オリーブオイルは、レモン果汁入り。

オリーブオイルの臭みがなく、うっすら香るレモンの香りがさわやか。

高価そう〜!(大事にいただいています)



生協の「ごぼう飯の素」

さっそくご飯を炊いた。しっかりした味付けが、お店の味風に炊き上がった。

大好きなので、ごはんが進むのが難点。

以前生協の宅配に入ったが、カタログを見るのだけでも疲れて、やめてしまった。

宅配を続けている友達に、北海道の品目にもあるのか聞いてみよう。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
伏流水のような友と空港で アールグレイはいかが?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる