おそろいのお洒落

友達と久しぶりに札幌へ行ってきた。 1車両に10人未満。お喋りは控えた。(少し話した) 10時過ぎに着き、お目当ての無印へ。 人出はやや少なめだった。 痩せたおかげで、麻のブラウスもワイドパンツもSサイズでO・K。 いや・・・デザインのせいかも・・・ お互いに背格好が似ているせいか、同じものを選ぶ。 …
コメント:0

続きを読むread more

なぜ私たちをターゲットに?新手のモンスター?

Aさんは元の先生の、師の、歌集を1冊全部コピーして届けてくれた。 その時、新講師と私が例会で話していると、置いてきぼりにされたみたいでイヤだと言った。 いつもハキハキしているが、けっこうきつい口調で。 なぜ?と疑問がわいたが言葉にならず、気をつけるわと答えた。 そのあと、Aさんは新講師へショートメールやら電話やら…
コメント:0

続きを読むread more

庭の花たち

白い桔梗と紫の桔梗を近くに植えたら、ミックスになった・・・ 友達に話したら、友達はそうなることを知っていた。 フリルのある朝顔 シャスターデージー オールドコート 花友からいただいた雨に打たれたバラ クレマチス まだまだあるけれど・・・ 端にはトマト、キュウリ、ピーマン、青紫蘇、…
コメント:0

続きを読むread more

半年ぶりの歌会

24日、二つ目の方の歌会をやっと開くことが出来た。 出席者は5人。籍を置いている方は2人。 謝礼が足りなくなりそうだ。 婆(バア)と呼ばれ「ハイ」と答へるわれなればひまごの笑顔に幸せもらふ コロナ禍で友にも会えぬ淋しさよ庭気を眺め風の音きく その昔「不幸の手紙」ありて今誹謗中傷ネットに踊る 帰り来て駅…
コメント:0

続きを読むread more

笑いの沸点が低い?

10日、岡井隆が亡くなった。 朝狩りにいまたつらしも 拠点いくつふかい朝から狩りいだすべく 群衆を狩れよ おもうにあかねさす夏野の朝の「群れ」に過ぎざれば ムズカシイ・・・ これならわかる↓ 肺尖(はいせん)にひとつ昼顔の花燃ゆと告げんとしつつたわむ言葉は 短歌界のトップと言われている。 …
コメント:0

続きを読むread more

7月の歌会

自主的に自粛というFさんと体調の関係か、Iさんが欠席。 新聞に 種のあることの珍しミニトマト味わいて食む夏の野菜よ 師に勝ちて階段のぼるそうた(藤井聡太)くん『出藍の誉れ』思い出させり 庭に溢(こぼ)るる芍薬たつぷり壺に活けほのかに香るを亡母にお披露め 生まれたよ「泣ける感動」とLINEあり七年目に父親(お…
コメント:0

続きを読むread more

可愛いお礼状

一昨日、パート先の方から男の子のお孫さんにマスクを作ってと頼まれた。 今すごい人気の「鬼滅の刃」の生地という、緑と黒の1センチほどのチェック。 6,70センチで700円もしたとか。 月曜から使いたいだろうと、昨日仕上げて届けた。 六花亭のお菓子とともにかわいいお礼状をいただいた。 笑ったのは、お礼状の紙が「…
コメント:3

続きを読むread more

メロンを買いに夕張へ 滝上公園

コロナは怖いが、九州の想像を超える水害も同じくらい怖い。 こんなにもひどい水害をテレビや新聞で以外見たことがない。 亡くなった方も増えている。 札幌へ行くには抵抗があるけれど、郊外に住む者が郊外へ行くのなら・・・ 昨日、月曜日のせいか、道道や国道は貸し切り状態でした。 滝上公園 短歌の吟行会で行ったの…
コメント:0

続きを読むread more

『男と女  人生最良の日々』

DVD 『男と女』を若いときに観て、これぞ大人のフランス映画!と思った。 ダバダバダ・・・というフランシスレイの音楽とともに忘れられない。 特にアヌーク・エーメの、日本にはいないような大人の女性らしさに驚いた。 最初の映画は1966年。 ラストシーンは余韻を残し、ハッピーエンドでないことにも洒落たフランス映…
コメント:2

続きを読むread more

もしかしたら感染していたの?

投稿で出会った方から、突然?久しぶり?にハガキが届いた。 確かここ数年は年賀状を出さなかったはずだけど・・・ 私には行間が深すぎて、この方の職業柄、もしかして感染したの?としか読めない・・・ 3月9日から5月15日までとは、ずいぶん長い入院だ。重症だったのかな? 「辛かったけれど少しの差でしっかり療養することがで…
コメント:0

続きを読むread more

リバティプリントのマスク

孫たちや短歌の皆さんへ作っていたら、はまってしまい40枚くらい作った。 パート先の方へも作っている途中。 家の中で、ずっと探していたリバティプリント。 灯台下暗しでした。 とっておきの、ロンドンのリバティプリントで作った。 今日は札幌は0、北海道は小樽の昼カラオケの6人。 今は暑いので、冬になったら使…
コメント:0

続きを読むread more

5カ月ぶりの女子会&キスリング展

19日、友人たちとキスリング展を観てきた。 10分ほど前に着くと、係りの男性から並んで下さいと言われ、電話番号を記入するように言われた。 館内に入るまでは距離を置いて並んだけれど、それぞれに好みの絵が違うから、絵の前にたたずむ時間が異なる。 それでも、皆さんそこそこの距離を保っていた。 キスリング(1891~19…
コメント:0

続きを読むread more

やっと買えた!

パート先の方が、お孫さんに手洗い用の洗剤を買いたいけれど、なかなか買えないという。 我が家の孫たちにも買いたいと思い、ツルハに寄ってみるが、棚は空っぽだった。 固形石鹸だと手が荒れるとか・・・ 昨日やっと少し残っていたのを買えた。 少量のと二つ持ってレジに並んだら、お一人様一点でと言われた。 品切れだったマ…
コメント:0

続きを読むread more

5か月ぶりに3人会

1月の17日以来近くにいながら3密を避け、会っていなかった。 Tさんから「会おうよ」とラインがあり、昨日会った。 市内の感染者数は7人。 もうひと月以上たっているので、最後の方は退院しただろうと・・・ 無症状の人もいるでしょうし、日々札幌への通勤者は多い。 でも恐れながら、少しずつ外へ・・・ 「最後に…
コメント:0

続きを読むread more

四か月ぶりの歌会

久しぶりに会った仲間がなつかしかった。 その場で意見交換ができるのは、”紙上歌会”よりずっと楽でした。 といっても、Fさんは自主的に自粛ということで欠席。 Eさんは圧迫骨折した予後の診察のため、大事をとって欠席。 高齢のSさんは去年から十数キロも痩せ、長く座っていられないと欠席。 先生には先日連絡していたけ…
コメント:0

続きを読むread more

カッコウが鳴いたら・・・

カッコウが泣いたら豆を蒔く? 昨日職場の方から、さやの柔らかいという種豆をいただいた。 水に浸した方が芽が出やすいかと思い、浸した。 昔親たちは水に浸していたから・・・ ササゲ(実家ではササギと言っていた)は天ぷらがもっとも好き! 短歌の先輩から「令和万葉集」に投稿しましょうと応募先のメモをいただいた。…
コメント:0

続きを読むread more

マスク届く。

高価だろうガーゼマスクが届いた。 国難の時に無駄使いは禁物でしょうに。 残しておこうかどなたかに使っていただこうか、思案中。 お洒落用に布マスクを作っている。 短歌の仲間で使ってみたい方がいるかもと思い、人数分を。 自分用のは3枚。 中に不織布を入れて使う。 …
コメント:2

続きを読むread more

庭の花たち

以前ほどの熱意がなくなり花たちに申し訳ない・・・ カマシアクシキー ちょっと薄いけれど、ピンクのスズラン ノネビ千鳥 たぶん小鳥の贈り物 …
コメント:0

続きを読むread more

「今回は来ないでください」

北海道にも蝦夷梅雨があるけれど、このところ天気がいい。 でも今日は午後から雨という予報。 26日の朝刊に、「歴史を詠む 歴史に残す」とタイトルで、永田和宏さん(歌人・細胞生物学者)が選んだ一首に引っかかった。  ウイルスをゴルフボールとするならばマスクのメッシュは網なき網戸 さすが、細胞生物学者の選ぶ歌は違う・・…
コメント:0

続きを読むread more

心のビタミンを求めて 友と郊外へ

今日は27度くらいあったかも? 昨日の早朝に、トマト、キュウリ、パプリカを植えた。大玉トマトも。 もと農家の短歌の講師から、玄関に野菜が届いていた。 ラディッシュ、小松菜、チンゲン菜、ビタミン菜。ビタミン菜は”初対面”。 私の”主食”のサラダ。 リーフレタス、トマト、パプリカ、新玉ねぎ、アスパラ、アボカド、…
コメント:0

続きを読むread more