チコリ

画像
キクニガナ(菊苦菜)エンダイブ、アンディーブ

一昨年、富良野に向かっているとき、道端に十数本咲いていました。きれい!と思いましたが、後続車があって、写真すら撮ることができませんでした。以来、もう一度見たい、できるなら欲しいと思い続けてきました。

今年ブログを始めたので、街の中をカメラを肩に散歩していました。なんと、街のおそば屋さんの前の花壇で見つけました。「念ずれば通ず」でした。思い続けてみることですね。

古代ローマ時代からの野菜。コーヒーの代用品にしたことがある。薬草。

この記事へのコメント

2005年08月18日 08:11
おはようございます。見つかってよかったですね。念願の花を偶然見かけたということはよくあるようです。ご縁があるというのは人だけでなく花にも。
蕗子ばあちゃん
2005年08月18日 16:52
 アールグレイさん、こんにちは。おそば屋さんのチコリ、奇麗ですね。我が家でも10数年前に一株植えたら増えて増えて狭い庭の真ん中に陣取っています。でも、ブルーの花びらが涼やかなので夏中サラダに入れています。それに今年は、目黒のおじいちゃんから教わったギボウシの花びらも入ってます。チコリは、ヨーロッパでは、道端の草なそうですから、私もヨーロッパ風にフキコばあさん、改めチコリばあさんなろうかな・・と考え中です。
アールグレイはいかが?
2005年08月18日 17:43
☆目黒のおじいちゃん☆こんばんわ。
本当に人も花も、多分チャンスなども、縁ではないかと思っています。こうやって目黒さんにであえたことも、縁だと思います。ブログが少しずつ楽しくなってきました。(^o^)
アールグレイはいかが?
2005年08月18日 17:57
チコリさん、じゃなくて蕗子さん、こんばんわ。サラダに入れるのは初めて聞きました。彩りがいいですね。ギボウシも?蕗子さんの写真では薄紫でしたが、私は白と、野のギボウシを持っています。味は違うのかしら?白はまだつぼみなので、もう少ししたら食べてみます。

この記事へのトラックバック