タオルミーナのルリマツリ

画像
シチリア島のタオルミーナという街の駅に向かって歩いていました。なんと道端にルリマツリが咲いています。11月の末でした。好きな花を外国の道端で見ることができるなんて・・・・。

去年の春、近くの花屋さんで兄と一緒にルリマツリの苗を買いました。外では越冬できないと言います。花を見ないまま室内で冬越ししました。

先日兄の家に行くと、1メートルに伸び、ブルーの小花がたくさん咲いていました。通りかかった方が花をほめ、名前を聞かれました。

我が家のルリマツリは、20センチほどに刈り込み貧弱です。この暑い夏、地におろしていたので栄養をたくさんとれたと思うので、来年に期待します。半額になった白花も買い足しました。

この記事へのコメント

目黒のおじいちゃん
2005年09月07日 10:43
こんにちは。ルリマツリは大好きですよ。ところで先日信州へ行ってきました。標高2000メートルの高原にあった花の中に「エゾ」と巻頭がつく花がいくつかあったように思います。
ぜひお立ち寄りください。
アールグレイはいかが?
2005年09月07日 11:06
こんにちわ。豪雨の被害はどのくらいだったでしょうか?日本の田舎に住むと、東京イコール大都会のイメージばかりです。その東京の家が水に埋もれていてびっくりしました。
信州・・・とてもいい響きです。憧れています。エゾという名前がほかの地にもあるのを聞くとうれしくなります。そういえばシナガワハギという野の花があります。カメラが直ったら見ていただきたいのですが。品川というくらいですから、東京にもあるのでしょうね。
2005年09月07日 18:54
アールグレイさんこんばんは。明日は北海道へ台風が上陸するようですが十分気をつけてね。
東京は今日一日中猛烈な風が吹きまくったので凄かったですよ。都内の浸水は大したことはありません。昔に比べたら大変良くなりました、
さて信州美ヶ原ではリンドウとタンポポにエゾが付くように思います。海抜が2000もあるので北海道の平地と同じですから。画像を検討してください。

この記事へのトラックバック