富良野・美瑛の秋の花

富良野や美瑛を代表するラベンダーの花が終わり、赤・紫・白のサルビアが真っ盛りでした。

美瑛・四季彩の丘

手前はケイトウ。奥はクレオメ(西洋風蝶草)の色違いです。

画像


サルビアの色違いです。
半、球形のような畑を耕すとき、トラクターごと転げ落ちることもあるそうです。この半、球形の景色がヨーロッパのようです。写真家の故・前田真三さんもそう書いていました。

画像


ケイトウ  揺れる乗り物から撮ったので・・・20分500円。

画像


花菱草・・・見づらいですが、白、黄色、オレンジの3色が咲いていました。

画像


深山峠で・・・夏はラベンダーが一面に・・・

赤いサルビアが鮮やか

画像


アメリカセンニチコウ  ストローベリーフィールド

ビートルズの曲に「ストロベリーフィールズ」というのがあったね!

画像


9月30日    我が家のレースラベンダー?

画像画像













この記事へのコメント

2007年09月20日 22:49
いいですね~!
綺麗な反物が何枚も広げられてるみたい。
トラクターも転げてしまう半球とは、美しい丘をつくるのにも体をはる必要があって大変ですね。
2007年09月20日 23:28
去年の10月ここを訪れたんですよね~(*^。^*)
生憎富良野・美瑛は雨模様だったのですが、それでもとっても素敵なところでした。
9月だとまだこんなに花が咲いているんですね。
2007年09月21日 06:40
ホント!きれいな反物が何枚も広げられているみたいね。
平地を耕すよりずっと大変だと思います。
美瑛には、カルビーの工場もあります。
ヨーロッパに行ったとき、美瑛町みたい!と何度思ったことか・・・。(花じゃなくて)
2007年09月21日 06:44
wisteriaさんへ
この間も曇り空でした。雨の確率が70パーセントだったので、曇りに変わっただけでもうれしかったです。
この広い畑を、年配の男性たち5人だったかで、3回も植え替えをするそうです。だから枯れたままなんてことはなく、季節に応じてきれいな花を見せて頂けるようです。今回が12回目の訪問でした。(笑)
2007年09月21日 07:00
定期健診は問題なかったようですね。美瑛のパッチワーク、前田真三作品を見るようで見事です。観光客に楽しませる景色がすっかり定着していますね。
2007年09月21日 07:15
目黒さんへ
はい!なにも問題はありませんでした。
あいにくの曇り空でしたが、やっぱりきれいですね。自生の花でなくとも、景色が、半・球形の丘が自然美だと思います。
この花を5人の男性たちが植え替えると聞き、ビックリしました。もっと多くの人たちで一気に植え替えると思っていました。
まだ冬は見たことがないのですが、一度見たいです。
2007年09月21日 15:21
こういう雄大な景色を見ると、北海道だなあって感動します。
関西では見られない景色です。
でも、いろいろご苦労があるのですね。トラクターごと引っくり返るとは…!?
nobara
2007年09月21日 18:28
事務所の子が北海道に行っていました。今週前半。お花は無かった?などと云っていましたが 富良野・美瑛に行けば良かったのにね~~綺麗、雄大、スケールが違いますね~~鶏頭は羽毛の方かしら?ハナビシソウが今咲いてるんですね~菱形の芥子ですよね。ストロベリーキャンドルならマメ科で葉っぱが違いますね~コレだとヒユ科の アメリカセンニチコウ の方でしょうか?最初丸で咲き進むと細長くなるそうです。noba旦も優しい時計の喫茶店にいってお茶したそうですよ。前はミーハーじゃなかったのに?この頃、ミーハーしてるようです。写真も撮ってきてくれました。私はドラマは再放送まで見ちゃったのよ。音楽が良かったわね~~ 北海道、じっくりと行きたいです(*^_^*)
2007年09月21日 22:07
おばブーさんへ
道民でも、何度見ても感動します。^^
”魅せる”ものには、困難が隠れているのでしょうね。
トラクターでひっくり返るという話は、NHKで聞きました。だから、少しずつなだらかにしているとも言っていました。
北海道にいながら、富良野・美瑛は、「北の国から」で知りました。
真冬にも行ってみたいです。
2007年09月21日 22:30
nobaraさんへ
もう花は少ないですね。
富良野や美瑛は、三度も植え替えるといいますから特別でしょうね。
鶏頭が羽毛の方かどうかはわかりません。
ここでは「ストロベリーファーム」と札が立っていました。でも、名前ではないな、と思って・・・。nobaraさんから教えて頂いて、パソを見ましたら、「アメリカセンニチコウ」だと思いました。アリガト!
nobaraさん!
ミーハーって楽しいのよ~。(笑)楽しむってステキなことだと思うわ。
「優しい時間」をそんなにもお気に召したのなら、いつか富良野へいらして下さい。そのときには、是非白金温泉にお泊まりを!もし泊まれなかったら、白樺林だけでも通ってみてほしいです。白樺を見慣れていても、何ともいえない佇まいでしたよ!
2007年09月23日 13:50
先月、車で美瑛に行きました。
朝に行ったのですが、3度目にして、初めての晴天。
季節的なこともあるのでしょうか、
僕が行ったときは、花よりも、緑の風景の方が印象的でした。
子供の頃は、北海道の自然は見慣れていたはずなのですが、
離れてみてたまに帰ると、美瑛に限らず、北海道の雄大な風景はいいものだなと思います。
2007年09月23日 20:20
Pastelaria Azulさんへ
そうですね、美瑛は緑の丘のイメージが強いです。こんなに花を植えるようになったのは、観光用だと思います。見栄えしますから。
そうですね、離れてみてその良さが際だつのでしょうね。

広島の姉の家は山の中腹にあり、朝霧の景色は山水画のようです。たま~に見るせいか、とても感動します。車で20~30分の所では雲海が見られるんですよ。
きっと冬の北海道も雄大だと思います。
2007年09月24日 14:31
懐かしい・・・数年前に母と行きました。凄く綺麗ですね。私達が行った時はお花の時期にはちょっと早くて、色とりどりのお花には逢えませんでした(>o<)しかしこれだけの土地にこれだけのお花がいっせいに咲くと、圧巻ですね~。
しまちゃん
2007年09月24日 18:13
此処は何時行っても花の宝庫で綺麗ですね!
今年は宿泊先の都合で行けませんでした。
7月にラベンダーを見に行き美瑛まで足を伸ばしたかったのですが・・・
この時期に行くのも素敵ですね。
早い所ではもう紅葉が始まってると聞きましたが・・・
何月くらいまで花が咲いてるのでしょうか?
2007年09月24日 18:22
乙女さんへ
こんなにも花を切れ目なく咲かせるようになったのは、数年前からのようです。固まって咲いているのは見応えがありますね~。
丘の地形を見られるだけでもと思っていましけど、今年三回目の植え替えで、見事に咲いていました。
私は麦の畑を見たかったですね~。
いつか冬景色も載せたいです。
2007年09月24日 18:29
しまちゃんへ
山のところどころは紅葉しています。
しまちゃんはよく北海道にいらっしゃるので、いつか都合がついたら足を伸ばして下さい。富良野とは違うステキな光景です。おすすめです。
この花は霜が降りるまで・・・昨日もう初霜のニュースが流れました。多分今月いっぱいか来月の中旬までは大丈夫だと思います。
nobara
2007年09月27日 18:05
アールグレイさん…いまね。しまちゃんとこで見たのよ。このアメリカセンニチコウ・・そしたら ストロベリーフィールド って別名も見つけちゃったの。やっぱりアールグレイさんが ストロベリー○○○って云うのはこの事だったのね~~聞き間違いじゃーーなかったかもね(*^-゚)⌒☆
2007年09月27日 18:57
nobaraさんへ
ありがとう!!
ストローベリーフィールド、でしたか!(笑)
ファームと記憶しちゃって。このくらいならメモしなくともいいと思ったの・・・。
今パソで見たら、出てこなくて・・もう少し探してみます。
再度教えていただき、どうもありがとう!
2007年09月28日 17:03
nobaraさんへ
再々、ありがとう!!^^
見られました!可愛い赤ですね~。
今までそれほどでもなかったのに、なんだかかわいらしく思えてきました。
たくさん咲いているから、見栄えするのでしょうね~。
どうもありがとう!
海のはなし
2007年09月30日 06:05
一面のラベンダーを見たくて富良野へ行きましたが、見頃の時期はとっくに過ぎてて1本の花さえ残ってなく呆然となり、お土産やさんでラベンダーの花を乾燥させたシオリを買ったのを思い出しました。
見頃のラベンダー園の匂いはどんな感じなのでしょう?
風下に立つと、とてもいい匂いに包まれるのでしょうか?
それとも匂いに包まれすぎてむせる感じなのでしょうか?
生きた花を指で潰すと、指先に匂いはかなり強く匂いは移るのですか?
※ちなみに、海のはなしのメールアドレスは『ラベンダーティー』を使っているんですよ~!
2007年09月30日 09:01
海のはなしさんへ
おはようございます。早起きですね!^^
今は、ラベンダーの花も早咲きから遅咲きまで植えられ、長い期間楽しめます。花穂も茎に長く付くのがふえ、見応えがあります。
う~ん、むせかえるということはありませんでした。ラベンダーの見頃は北海道でも暑い時期です。風もなくかすかに、ほんのりくらいでした。折って手に取ったり、植えられたままでも鼻を近づけると、しっかり匂います。花を指でつぶす・・・という発想はありませんでした。
今我が家のレースラベンダーかラビットラベンダーの花を見てきたら、やっぱり鼻を近づけなければ香りませんでした。葉っぱも香ります。(スペインのミハスという街で、このラベンダーが草と一緒に咲いているのを見たとき、本で読んでいたヨーロッパ原産という意味をわかった気がしました)
※ラベンダーティー・・知ってますよ!ラベンダーティーさんにお願いがあります。海のはなしさんは気が長い方ですよね??レンに教えるように教えていただきたいことがあるんですが・・・もう少しチャレンジしてわからなければ、お願いいたします。
海のはなし
2007年10月01日 05:53
はて?何でしょう?
海のはなしはどちらかという時が短い方かも…笑
レンに教えているようにですか?
レンに教えたことといえば、『お座り』と『待て』位で、『お手』『おかわり』『伏せ』『ちんちん』などの定番は教えていません・笑
【もう少しチャレンジしてわからなければ、お願いいたします。】
そうですね、何事も自分で先ず考える事が大切です。
それでも分からない時は、海のはなしが挑戦しましょう~!
アールグレイ
2007年10月01日 06:45
海のはなしさんへ
海の話さんはもう使われていて、簡単なことです。
何でこんなにも理解できないんだろう?←韓国南蛮のように辛口の娘から、お母さんはとろい、鈍い、のみ込みが悪いと、まるで3拍子揃っているかのように言われています。・・・当たってます・・・

この記事へのトラックバック

  • 美瑛町の観光スポット紹介

    Excerpt: 北海道美瑛町の観光案内です。旭川空港から富良野を通る際は美瑛を経由するので美瑛にちょっと立ち寄る方も多いです。美瑛最大の特徴は「丘の街美瑛」と呼ばれるほどの美しい丘が広がっていること。そんな美瑛には有.. Weblog: 富良野の旅行サポートブログ racked: 2007-10-08 15:57