岩内?名産 「たちかま」

画像娘が札幌に行ったので、買ってきてもらった。

去年、「ケンミンショー」で初めて知った。

http://hatigatunokujira.at.webry.info/201401/article_15.html

岩内まで食べに行くほどでもなさそうな・・・

一昨日、札幌駅の「どさんこプラザ」で見つけたが、列車の遅れを聞き、帰ることに気をとられ買いそびれてしまった。

一番のおすすめという、刺身でしょう油をつけずにワサビだけで食べてみた。

ぷりぷり・・・この食感を何かにたとえたいけれど、思いつかない。

強いて言えばマシュマロに弾力をつけた感じ??

4個 1080円


パンフレットより

    たちかま    原材料 すけそう鱈の白子

画像  【特長】

12月~1月の期間しか作ることが出来ません。新鮮なたち(たらの白子)を茹で、塩、少量のでんぷんで練り上げた珍味です。

たらの白子を北海道で「たち」と呼び、たちのかまぼこ風という意味で「たちかま」です。

魚の身は一切使っていないので、独特な弾力のある食感です。

初めて食する方は、この弾力の食感と味わいは、想像もつかないおいしさに驚かれることと思います。ぜひ、今が旬のおいしさをお楽しみください。




画像  【召し上がり方】

一番のおすすめは、お刺身でお召し上がりください。しょう油をつけずにワサビのみで召し上がってください。

お出しもおいしく出ますので、湯豆腐、お味噌汁、おすまし、鍋物に入れてください。昆布だしなどを温めてから、たちかまをお鍋に入れてください。(煮すぎたり水から煮ると分離する場合もありますのでご注意ください)

串焼き、バター焼きもおいしいです。

  【賞味期限・保存方法】

冷蔵庫で60日、冷凍庫で120日です。(開封後 冷蔵2日)


♪ケンミンショーでみた時には岩内名産と伝えていた。
 
 今日買ってきたのは、利尻郡の「北洋食産」がなぜか、南幌工場で作ったものらしい・・・
 
 鮮度が命なら、利尻で作る方がいいのでは?


作ってみようと思っていたけれど、今年は「たち」が高い。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック