知床沿岸が謎の隆起・・・解けた・・・

画像朝刊より拝借。

知床半島で24日、海岸線沿いの海底が隆起し、新たな陸地になっているのを近くの住民らが見つけた。

現地は知床半島南東側の羅臼町で、住民によると24日朝、海岸で昆布拾いをしていた女性が、海岸が若干高いことに気づいた。

昆布拾いを終えて帰宅しようとしたところ、隆起は自分の背丈を超えていたという。

同日夕、羅臼漁港の組合長らが確認。目測では隆起は長さ500メートル以上、幅は広いところで30~40メートルで高さは海面から10~20メートルほど。

組合長は、「音も揺れもなかったと聞いている」と話す。


画像夕刊より拝借。

1日の間に新たな陸地が出現した現象から一夜明け・・・・新たな陸地には海藻やウニなどの海洋生物が多数付着し、崖崩れなどではなく、「海底の隆起」だと判断した。

町によると、近くの町道が幅20~30メートルにわたって陥没しており、町は「災害対策本部」を設置した。

・・・・

新たな陸地の規模は長さ300~500メートル、幅は約30メートルで、隆起の高さは10~15メートルだった。

岩盤がクレバス状に大きく開いたり、内圧によって表面が網目状に裂けたりしたとみられる場所が複数見つかった。また、現場に沿った崖には崩落の跡があった。

札幌管区気象台は「隆起の原因はわからない」としている。



地球は生き物なんですね~

チリではカルブコ火山の噴火が起きている。

ネパールではM7.9の地震が起きた。


27日記

昨日みたイエローストーンの番組でも、確実に地面が隆起しているといっていた。


28日記

昨日のテレビで、原因を説明していた。

隆起の後ろ側が陥没しており、そこは町の雪捨て場である。多量の雪が溶けて地に染みこんだ。溶けた水が岸を底から押し出したためとのこと。そして、押し出された跡は陥没していたということらしい。

う~ん・・・陥没の跡が見えなかったのかな??







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック