あの日を忘れないように・・・

画像5年前の東日本大震災を忘れないように。

室内の物入れにしまってある。


一昨年兄が亡くなった時のお坊さんは、人は二度死ぬと話された。

体の死とみんなの記憶から忘れられてしまうこと、と話された。


5年前の大地震は、決してCGには見えないのに、CGじゃないかと思おうとしていた。なぜ?













画像朝刊に、養老猛さんが、

今後の被災地で懸念されるのは、その他の地域から忘れ去られることです。東北は面積は広大でも人口も経済規模も日本全体の1割にもならない。加えて、日本列島は東北以外でも、天変地異が時々起きる。新たな災害が起きると以前のものの記憶が消えてゆく。数の論理から見ても、大震災の記憶は人々の記憶から消去されざるを得ない」。

1日、15分でもいいから人間がつくらなかったものを見たほうがいい」と養老猛さん。

自然が膨大なエネルギーを一気放出する大震災は、脳が心地よいと感じて出来上がった現代社会を、一瞬で根こそぎ破壊する。その後、私たちを包むかもしれない狂気の嵐に巻き込まれないために。






画像インデペンデント紙。


イギリスに行った時のホテルからいただいてきた。

読めないけれどお土産をくるむのにカッコいいと思って・・・・


『「イギリス病」のすすめ』という本に、イギリスでは、それぞれの新聞社の主張がまったく違うと書かれていた。

日本は示し合わせているかのように、同じシリーズみたいな記事がある。

以前エッセイ教室の、元新聞記者の講師に言ったら、新聞はスクープをとりたいと思っているくらいだから、そんなことはないと答えた。

いいや、あるよ。




この記事へのコメント

ムーミン
2016年03月11日 08:55
あれから、五年がたちました!!あの日の事は、決して忘れてはいけない事なんですね!! 次の世代へと、語り続けなければいけないのです!! 本当、あれから五年がたちましたね!!
アールグレイ
2016年03月11日 19:09
テレビでみていても、なんだか現実に思えないような・・・気がしていました。
毎年毎年、テレビで流すといいと思います。

この記事へのトラックバック