映画 『幸せなひとりぼっち』

画像友達とディノスシネマズで。

世界中30カ国でベストセラーとなったフレドリック・バックマン原作小説の映画化。



妻を亡くし一人で暮らすオーヴェは59歳。43年勤めた会社を突然クビになる。

自殺を試みようとしたとき、近所の人たちの邪魔が入る。

試みるたびに邪魔が入り・・・


自治会のルールには厳しく、他人の駐車に文句を言い、捨てられた吸殻にもいちいち腹を立てるオーヴェは近所の鼻つまみ者。

あるとき郵便受けに車をぶつけたのが、隣に引っ越してきたパルヴァネとその家族。オーヴェルはパルヴァネを怒るが動じない。

パルヴァネはオーヴェルに車の運転を教えて欲しいと頼む。

パルヴァネは、病院への送り迎えや子どもの面倒など、オーヴェルの気持ちにお構いなしに押し付ける。

そんなことの繰り返しからオーヴェルは徐々にどこか愛情を持って受け入れられ、オーヴェルも心の奥にたまっていたことを話し出す。

列車内で出会ったオーヴェルとソーニャ。結婚し、新婚旅行に出た。その先で事故に遭ってしまう。

・・・・・・・


子どもの時、父親の掃除の手伝いをしていて財布を拾う。拾ったものは貰えることになっていたが、届け出る。

父親から、「正直であるのが一番だが、後押しが必要だ」と格言めいたことを言われる。

そのせいか、融通が利かなくてクレーマーのようで、それに妻を亡くした寂しさが拍車をかけたのだろうか。

毎日のように妻の墓に行き話しかけたり花を供えたり・・・

かつて親友だった友達とは、車のことから反目しあうように・・・



自殺を試みるところですら、笑わせる。

笑いながら泣けた。



画像ホントは3人で新年会の予定だった。

Sさんが風邪をひき、残念。

休みを取っていたので、映画をみることに。


鳥よ魚よで998円のランチ。

25日には再び新年会。

Sさん、早く治りますように。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック