珍種 黒いキタキツネ

道東の斜里町で黒いキタキツネが博物館のカメラに映っていたそうな。


ホントのキタキツネは狐色。


画像画像


















画像こんなのも・・・













この写真のほかに視聴者から、今年7月、名寄の山あいでも撮ったという写真が送られてきたとのこと。




画像テレビで盛んに報じられていた。


ぽっちゃり系?


ウオーキングコースで見たキタキツネ

http://hatigatunokujira.at.webry.info/200906/article_5.html

http://hatigatunokujira.at.webry.info/201602/article_1.html

http://hatigatunokujira.at.webry.info/201306/article_4.html


追記

7日の朝刊に・・・

知床博物館の村上学芸員によると、自然界の遺伝子突然変異でたまたま現れた可能性のほか、大正時代から昭和時代にかけて毛皮目的でカナダなどから輸入された黒いキツネが野生化し、その遺伝子が受け継がれた可能性が考えられるという。

一方、道立衛生研究所医動物グループの浦口宏二主幹によると、アイヌ語で「黒キツネ」を表す言葉がいくつかあるという。

浦口主幹は「黒いキツネは、昔からいた可能性もあるが、ごくまれ。私は30年ほど野外でキツネの調査をしているが、2回しか見たことがない」と話していた。






この記事へのコメント

2017年10月05日 13:52
黒毛和牛ならぬ黒毛狐びっくりいたしました。熊みたい。
耳の毛が黒いのも黒毛遺伝子なのですね。
2017年10月06日 05:36
博物館の方がビデオに写っていたのを見たとき、犬かと思ったそうです。
詳しいことはわからないのですが、黒いキタキツネも見てみたいと思いました。
2017年10月07日 09:02
全国区のニュースになりました!
我が家の庭には、普通のキタキツネが来て、ゴルフボールをくわえ、室内の私の方をちらちら見ながらゆっくり逃げて行きました。この夏のことです。

この記事へのトラックバック