♯Me&友Too

画像この頃、数回、新聞の半面を使って問いかけられている。

Me Tooとは・・・

2017年10月15日、ハーヴェイ・ワインスタイン(ハリウッドの映画プロデューサー)によるセクハラ疑惑が報じられたことを受け、女優のアリッサ・ミラノが同様の被害を受けたことのある女性たちに向けて”me too”と声をあげるようツィッターで呼びかけたことが発端とされている。(ウィキペディアより拝借しました)




友達から何度か聞いた話。

彼女は、デパートに勤めていたとき、主任からお尻を触られ、接客中だったのに、反射的に主任をひっぱたいたと言う。お客さまの前で・・・・

大昔のことだ。

その話を聞くたびに、彼女の潔癖感と勇気に感動し、2人で大笑いする。

私たちは同じ洋品課で、友達は子供服、私はベビー用品で、隣り合わせにいた。



実は私も先輩男性社員や女性からお尻を触られたことがある。

接客中にである。

ビックリしていや~な顔をした私には、それ以上は触られることはなかった。

そして煙たがられたかも?

なすがままにしていた女性たちもいた。


ただ・・・当時中年の女性からも触られたのには、それなりにビックリした。



友達や私が勤めた当時のデパートは、結婚と同時に退社をしなければならなかった。

その当時は適齢期という言葉があり、デパートの女性たちは、皆さん若かった。

私の売り場には派遣社員の人たちも含め、20人くらいの女性たちと、上司のほかに男性社員2人がいた。

お客様と対面で、微に入り細に入り丁寧に接客をすることが当たり前の時代だった。

デパート全体をみても、9割はおおよそ若い女性たちである。


今になってみたら、女性を下げる言葉かもしれないけれど、男性にとっては選り取り見取りだったと思う。

私には縁がなかったけれど、職場恋愛や結婚が花盛りだった。


そして・・・こういう忖度が問題なのだと思うが・・・

イヤなことだったけれど、お尻を触った男性社員も女性も、下品な”親しみの表現”だと思っていた。

他の売り場のことは知らない。

その後勤めた会社では、一度もそういうことはなかった。

当時のデパートの男性特有だったのか・・・


北海道で一番古いデパートだったが・・・もしかして三越だったらどうだったかな?

セクハラをした覚えはないと思っていても、いじめと同じように、された側の感度で言うことでは??




そういうことはあっても、同じような価値観を持つ友達、叱ってくれた友達、可愛がってくれた先輩・・・

豊かにし合える人たちに出会え、ここに勤めた4年間は財産だ。

もう一つある。

当時のデパートでは、お客様には今よりもっと、神対応をしなければならず、若かったときには我慢の連続だった。

社員教育も数ヶ月続くほどあり、その厳しさは、今の私の血や肉になっている。








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック