薔薇の花びらは56枚

画像短歌の芽を探していたら、庭の薔薇に目が留まった。

1番早くから咲き始め、1本は玄関に飾り、1本だけ花を採ってみた。

あまりにも花びらが多そうだったから・・・









画像ナント56枚もあった。

どんな風に”料理”できるかな・・・

料理は嫌いではないけれど下手だから・・・・

皿に並べたらフグ刺しみたい!




28日、Hさんは歌稿を持ってこられ、欠席。


新聞に

眩しくて目を閉じてしまふ水無月をピアニッシモのやふな稚魚の死無数 (先生)

魚の吐く泡の潰えを数へつつ昂りしことのさびしさにあふ

(「小さいことも大きめに詠むのよ」と言われた)

水無月の空は水色ふんはりと浮雲ながる この平安を (Y・E)

雨に濡れひっそりと咲く鈴蘭は君影草と別名やさし (J・J)

苗(みゃお)族の民族衣装の姑娘(くうにゃん)の銀細工ゆれ都会の風に (I・Y)

みどり濃き石狩原頭 山脈もはるか昔のわがふところに (H・A)

ふにゃふにゃの猫だったらし桜くん令和元年十九となりぬ (I・M)

遮断機下りて真っ赤な車停まる白髪老人いづくヘ行くや (S・T)

わが舅の村を発つとき踏んだ駅 奇跡舞う駅幌舞駅よ (高倉健『鉄道員』)(S・R)

ゲレッパでも運動会が楽しいと九歳の言葉空が聞きおり (I・Y)





画像帰宅後に先生から電話があり。

この次のHの会の方は、出かけるので欠席しますと言われた。

もしかしたら、指導者は二人いらないと思われているのではないだろうか?


先生からいただいたホタルブクロ。

「海の色」と詠んでおられた。





花と暮らし展で、トマト苗5本で100円を10本。小ぶり。

オクラの苗も含め8本で1000円のも買う。

植えるところを探さなくちゃ。



画像画像


















この記事へのコメント

この記事へのトラックバック