トーチカ

トーチカという名前はうっすら記憶していた。

先生の短歌に詠まれていて、勇払の海岸沿いにあったことを教えていただく。


ウィキペディアより拝借

トーチカ(ロシア語: точка)は、鉄筋コンクリート製の防御陣地を指す軍事用語。

日本語では特火点(とっかてん)と訳される。

英語ではその形や用途からピルボックス(pillbox、錠剤ケースの意)と呼ばれ、掩体壕(バンカー)の一種に分類される。

遺構として北海道の根室市-苫小牧市にかけての太平洋岸に複数のトーチカ群が残されており、硫黄島では、破壊された一式陸上攻撃機を活用した掩体壕の残骸を現在も見ることができる。北方領土には、ソ連がトーチカとして設置したIS-3重戦車が遺棄されている。また、トーチカは演習場内に監的壕として造られることもあり、山田野演習場(青森県)や強首陸軍演習場(秋田県)などに遺構が残る。

現在でもシリアなど砂漠・平野での戦車戦が予想される中近東諸国では、旧式化した戦車を固定陣地化しているケースもある。

辞書より

「点」の意。鉄筋コンクリートで円形、方形、六角形などで作り、機関銃・火砲などを備えた堅固な防御陣地。特火点。

s-P1560208a.jpg



友人たちのご両親よりも、20歳くらい上の両親だった。

戦争の話はほとんど聞いていない・・・北海道での戦時のことはよくわからない。

先生から、適性語だからと英語を習っていないことや、暗渠の手伝いをしたと話していただいた。

この記事へのコメント