32年間に感謝! 

大空に人文字のごとき渡り鳥乱れて離れて人の世に似ん 今朝は7連隊も飛んで行った。ウトナイ湖方面のはず。 ヨーカドーの営業は37年間だった。 家を持って32年目だから・・・ 亡き兄が、「ヨーカドーのサンマでなくちゃ、お刺身にはできない」と言っていた。 年末には、レジが、後ろの壁際まで並んでいた。 い…
コメント:0

続きを読むread more

9月の例会

先生を入れて6人になった~ 新聞に (この頃は載っていないそうな) 胆振東部の台風のあと痛いたし荒れた畑に野菊の咲けり  (J・J) アボカドとマンゴーの種小さくなれ増税なれど福祉貧しき (I・Y) 娘とわれの久しい休日 果樹園に林檎・葡萄を分けあひて秋 (S・T) 人々を奈落におとす賭け事の悲惨を貴方は知…
コメント:0

続きを読むread more

しあわせは細部に宿るというけれど・・・

日曜の新聞の「短歌時評」にはちょっと驚いた。 「生活と人生」   松村正直さん評 昨年第六回現代短歌社賞を受賞した門脇篤史と次席の山科基の歌集が相次いで刊行された。 納豆の薄きフィルムをはがしをりほそき粘糸を朝にさらして                 門脇篤史『微風域』 牛乳に浸すレバーのくれなゐの広がるゆふ…
コメント:0

続きを読むread more

うれし恥ずかし

歌壇の選者の先生から電話をいただいた。 いきなり名乗られたのでチョービックリ! 創作の先生のことを詠んだ。 亡くなったけれど、「言葉を甘やかしたところから文章は腐ってきます」と教えを受けた。 「史書」と書くのに「吏書」と書いてしまった。 「吏書」という言葉はあるけれど広いので、違う言葉で・・・ 五音を…
コメント:0

続きを読むread more

ANAオープンin輪厚

11日のプロアマ選手権と、昨日の予選1日目を観てきた。 予選を3位で通過したのだけれど、今日は延びず・・・ プロアマの雨の中を、石川遼君だけギャラリーが多く、途中から行っても、ギャラリーの多いところをさがすとすぐにわかる。 先週解説者が、「キャーと悲鳴をあげさせるのは石川遼だけだ」と言った。 ホント!決してオバチ…
コメント:0

続きを読むread more

9月の例会

Hの会を、ご主人の都合で辞めたHさんが、Kの会も辞めると言われたそうな。 検査入院されたという。 先生は転んだ腕の抜糸に行きその後に行くと言われたそうだが、姿を見せず。 Sさんは遠方に不幸があり欠席。 どこも高齢化です。 秋明菊が咲く頃から、本州の花たちと咲く時期が入れ替わる。 新聞に 十(つなし)とう…
コメント:0

続きを読むread more

秋来ぬと

目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる 広告にイクラの写真が載れば、秋だ。 去年ほどには高くはなさそうだ。 去年は100グラム600円以上もして、コレステロールも高くなりそうだから買わなかった。 どうしても食べたいというほどでもない・・・ 雲を見たら秋を感ずるかな・・・85歳の方が、イワシ…
コメント:2

続きを読むread more

さよなら美しい円形校舎 絵鞆小学校 

近年、何度か新聞に載った。 北海道にこんなにステキな小学校があったことを、新聞で初めて知った。 新聞より拝借  2018年11月9日より・・・ 室蘭市は体育館棟と校舎棟の円形校舎2棟を民間に活用してもらおうと売却先を公募。市民団体「旧絵鞆小活用プロジェクト」が応募し、体育館を買い取る意思を示した。 同プロジェクト…
コメント:0

続きを読むread more

カナダからのメール 3

友達から届いた。 借家の脇にリスが来るという。 私も近くの小学校で見た。 ススキが植えられている。 日本産? 左の二つは何という果物? まだ苺あるの? トラックでトウキビを。 好物カリフラワー  私の街でもカラ…
コメント:0

続きを読むread more

お気に入り

スマホを買うとき、カバーがあった方がいいというので、予約した。 受注生産というちょっとお洒落なカバーだ。 モネの「アルジャントゥイユのひなげし」。 おしゃれ~! せっかくのスマホも、テーブルの上に置いたまま。 3時間のパート先にも、町内の買い物にも持って行かない。 …
コメント:0

続きを読むread more

カラバッジョ展

29日、近代美術館でカラバッジョ展を観てきた。 「果物籠をもつ少年」をみたのはいつだったか・・・ 本物をみたのは、2003年ボルゲーゼ美術館で。 添乗員さんに事前に予約を入れてもらい、自由行動の日、1人で観てきた。 官能的な絵を描く画家だと思った。 後で知ったが、暴力や殺人などの怖いエピソードがたくさんある…
コメント:0

続きを読むread more