マドンナと呼ぼうか・・・

画像もう1ヶ月以上も前・・・パート先でのこと。

仕事の半分を終えかけていたときだった。

9年目のAさんは、物置の物を運ぶと嬉しそうにいう。

(えっ!契約があるからそこまではしてはいけない仕事だったじゃないの。リーダーさんから何回も注意を受けていたでしょ)

瞬時にそう思い、しちゃいけないということをちょっときつめの口調で言った。

すると、Aさんは今までに見たこともない形相と激しさで怒った。                              虫取りスミレ

ここに書くのも憚れるような口調だった。

そして、お店の男性の前で「私が手伝いますからっ、ほかの人は手伝いませんからっ!」と、どうしてそこまで激するのかと思うほどに、怒鳴った。

私を怒ったと思っているかもしれないけれど、傷つけた相手はお店の男性社員であることに気が付かない。(後で、不快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでしたとお詫びした)

「Nさん(上司)に言ってやるからね」とも。

「どうぞ言って下さい」と、Aさんが激すれば激するほど、私は冷めた。

ちょうど年に2回のミーティングの日があった。上司のNさんは、Aさんは他店でももめているという。そして、「仕事をやめるかい?」とまで言われる始末。

「やめません」というAさんを叱るので、思わずかばってしまった。



Aさんは、

「私にもプライドがありますっ!」と声を荒げていたけれど・・・方向が違うのよ。

仕事が雑である。ここまで雑な仕事をする人を見たのは初めての気がする。

希釈する液剤を薄めずに原液で容器に入れているじゃな~い・・・・

原液で使うものを薄めているじゃな~い・・・・

(Aさんには理解が難しそうで言えず、陰で薄めたり、薄めたのはそのままにしている)

他のことでも、「誰も教えてくれない」・・・・・というけれど、9年目じゃな~い・・・

”認めてほしい度”が異常に強い。

病気加療中の元リーダーさんのことを悪く言ったり・・・・

大病と知らされたとき、「親や子供を残して・・・」というので、「やめなさいっ」と叱った。

他人の働く日数や時間をえらく気にしたり・・・ホントに-思考である。

しわだらけの制服を着ていて、Nさんから注意を受けたこともある。

どんなに贔屓目にみても小学生並み、と思うことが多い。

出勤日を18日間に減らしてと頼むと、忘れるからメモをしてという。メモを渡した。できあがったシフトには、休日が18日間になっていた。

・・・・   ・・・・・

この数ヶ月のを見ても偏りが多い。シフトを作るのは難しいと思うので、「皆で分担しようよ」と伝えた。

直接は関係のない入って5ヶ月のBさんにも当たっていた。Bさんは、味方をしなかったからじゃないかという。

ソンナコンナのことがよくある・・・・


それでも、憎めない・・・・

15歳若いBさんは、そういう私を大人だというけれど・・・・

見下しているからだろうか??

考えてみたけれど・・・対等にはなれない。

Aさんは2人の息子さんの困難を抱えている。もちろん想像力の範囲ではあるが、受け止めている。

人は弱さや脆さでつながるという。そんなところが似ているのだろうか?

Bさんは、「Aさんとペアの日は、仕事よりも彼女との関わりの方が疲れる」という。

そうかもしれない・・・・


でも、でも・・・

Bさんはご主人からも真面目すぎると言われるほどの、まじめな女性だ。

私もまじめな方だと思う。

だから・・・

「Aさんは私たちの潤滑油だと思うよ。寅さんみたいな存在だから、これからマドンナと呼ぼうか?」というと、Bさんは首を大きく振り、「寅さんでいい」と。


寅さんは大切な存在でしょうね・・・・


何事もなかったように仕事をしている。






"マドンナと呼ぼうか・・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント