「黙って、してね」。

画像愚痴です。


数日前、パート先でのこと。

3月に入ったばかりの37歳の女性は、ここもきれいにした、あそこもきれいにしたと、なにかと恩着せがましい・・・

その言い方も、まるで鬼の首を取ったように大声で得意気だ。

褒めて!認めてほしいという強い気持ちがそんな言い方につながるのだろうか?

何度も言われると、私にはそんな風に聞こえてきてしまう・・・・

きれいにすることが私たちの仕事でしょ!

そういう場面が重なったので、「私たちもいつもどこをきれいにしようかと、考えているの。今日もサンドペーパーを夫からもらってきてるし・・・黙って、してね」と、言った。

人のよいところから見るように心がけているし、決して欠点や失敗をあげつらう見方をしたくはない。

実際Sさんは仕事がはやいので、そのことを褒めた・・・よく気が付くことも褒めた。

褒めて伸ばすという欧米のように、言うたびにありがとうとかエライねと言えばよかったのだろうか。

鬼の首を取ったようにいう人には、言えないわ!

少し前、あまりにも勝手をするので、「働いたことあるの?」と聞いてしまった。

「ちょびちょび」とのこと。


画像もう一つ気になるのは・・・

想像以上の細か~いことがあるので、最初に教えたとき、メモをとらなくていいの?と3回聞いたが、「大丈夫です!」ときっぱり言い切ったが、やはり小さいミスをする。

ミスをなじるのではない。

教えてもらっていないような言い方や、間違った教え方をされたように言う。

今までも人のせいにしてきたのかな??



・・・仕事内容には雇用者であるスーパーとの取り決めがある。それ以外のことは、おおよそ手を出さない。

それは前任者さんからの申し送りでもある。

それでも人には情があり、できる範囲で申し送りを越えて、している。

毎朝20~25分くらい早く出てもいる。

お掃除の仕事は細かい!

直接お客様の目や手に触れる、店内が最優先である。

使用する材料の注文もあるので、たえず、残量にも気を配っていなければならない。(置き場所がないため、最少分しか頼めない)

切らしたらいけないと、本来の仕事と同じくらい気をつかう。

はっきり言えば、前任者2人よりは、20パーセント増しくらいできれいにしている。スーパーの方からも、「見ていたら解る」と言われた。



・・・制服の裾上げをせずに、外側に折り曲げているのでそこも注意。(会社からも注意される)

そんなことまで注意しなくちゃいけないんだね。

・・・・

なぜいけないのか、細か~く言葉にして伝えなくちゃ理解してもらえないのだろうか。

裾上げは、みっともないからだけど・・・それ以外にあるの?

今の時代ならオシャレともいえるのかな?


昔人間の私は、仕事を教えてもらったとき、?に思うこともあったが、なぜそうするのか考えた。

時間がかかるけれど、後でわかる。

もう1人のTさんも自分で考える人だから、彼女とのペアの日はスムーズに進む。

でも、なにかとざらつかせてくれるSさんは、私を育ててくれているのでしょう。

ただ・・・

ご自身から言い出したのだけれど、ご主人を亡くして3人の子供さんを育てているという。

・・・・



そういえば・・・

明石屋さんまさんは、褒めてもらいたいと常々言っている。

あれほどのお笑いの実力や人気を誇る人でも、褒めて欲しいんだね。

さんまさんよりも上の?人がいないから、後輩から褒められても深くは届かないのかもしれないね。



褒められたら嬉しいけれど、たまに褒められたり、自分でも気が付かないようなことを褒められたら嬉しいかな。

↑にも書いたが、スーパーの年配のチーフといわれる方から、Tさんと私の仕事ぶりを「見ていたら解る」と言われたときは嬉しかったし、喜びが長く続いている。




"「黙って、してね」。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント