心がざわつくんだよ・・・・

画像パート先に3月に入った女性は元気がいい。

37歳という若さとは違う種類の元気だ。

意欲的でもある。

ただ・・・

入ってすぐから、伝えた以外のことや契約以外の所に手を出す。

それまで続けてきたやり方を簡単に変えるので注意をすると、「ダメですかっ!」と驚いたように大きな声で言い返される。ダメというのではないけれど・・・・と語尾が小さくなってしまった。


あまりにも小さ~いことばかりで、言いたいことがすぐに言葉にできない・・・・

先日、「おおよその事はダメというのではないけれど、そこそこのやり方があって、入ってきたばかりの人が勝手にされると、土足で入られたようで、それ迄続けてきた人は心がざわつくんだよ」と言った。

「わかります・・・」と素直だった。

「私も初めは気になって仕方がなかったけれど、先輩の目を盗んでひっそりとしたよ。勝手にしないことは大人のたしなみでしょ。社会人のマナーだよ。違うことをしたい時には、Tさんや私に相談してね。もっと上手にしてね」。

37歳は、「ずっと自分一人で決めてきたから、そういう癖が付いてしまって・・・」と、のたまう。

(ビックリするほどの生い立ちのようだから、ご苦労をされてきたのは解るが、だからこそ・・・でもあるでしょ)

注文ばかりではいけないと思い、「先を読んだり、丁寧だったり、手早さはよ~くわかっているよ」と付け加えた。

くどいが・・・・

前任者たちよりは、今の3人の方が間違いなく丁寧な仕事をしている。工夫もしている。

そうしたら・・・細かくて、こまかくて・・・そこは妥協しましょうよと、言うこともある。


8年も9年も働いてきた前任者と私の時には、しっかりとパターンができていた。そこで自己主張するのは難しかった。リーダーさんは、自信を持っていたし・・・

リーダーさんに従っていたのでスムーズだったけれど・・・同じパターンで掃除をするので、汚いところはそのままに残っていた。

今の3人は意欲的?なので、三者三様に気になる所があり、きれいにするところが広がった。

少なくとも15パーセント増しできれいにしている。



・・・否定的なことを、言葉を選びたくさんつかって伝えると、理解してもらえたようだ。

昔人間の私は、教えられた以上のことにはすぐには手を出さず、見渡しながら徐々にしたり、諦めたり・・・

ということは、37歳の女性のように波風を立てたほうが良いことだね。


勉強させてくれる。


男性ばかりの会社に長く勤めた夫が、市の施設に10日ほど勤めている。オバチャンたちの愚痴を聞かされるらしくて、女同士は大変だねという。

男同士ではなありえないような愚痴らしい・・・



お嫁さんのお父さんが釣ってきたチップ。

毎年ありがとうございます。


"心がざわつくんだよ・・・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント