目を覚ましてあげるっ!!

画像パート先でのちいさ~なことです。

パート先のシフト表はTさんと私とで1か月交代で作っている。

Tさんは、9月は30日だから一日少なくなる。アールさんやSさんを一日少なくしなければならない・・・どうしようと悩んでいる。

もともとTさんが一番多く、次は私。

Sさんは「少なければ少ないほどいいですっ!」と、面接のときから高校球児の選手宣誓のように強く言っていた。その後も2度言った。

画像子供さんが小さいうえに、お金のために働いているんじゃないから・・・とも言っていた。だから減ってもいいんじゃないの・・・

私のを減らしてもいいし・・・

そう言ってもTさんは、私だけ多くてもいいだろうか…とまた悩む。

先月のシフト表を作る時にも、悩んでいた。

確かその前の月も悩んでいた。

悩むのが趣味の人だ。

「なぜ毎回悩むの?」と聞くと、う~んと答えられない。

(いい加減にせい!)


画像「Sさん本人から、出勤日数はTさんとアールさんとで決めて下さいとか、お金のために働いているんじゃないとまで言っているのに、悩むのはいい人をしたいからなの?」と聞くと、「いい人をしたいつもりはない」という。

きついと思ったけれど、「いい人は、いい人をしたくていい人をしているんじゃなくて、良識だと思っているんじゃないかな」と私。



帰りにロッカーで、また続きを・・・・

「日数を減らすなら、TさんもSさんも私のも均等に減らしましょう」と言ったら、「そうだ!私のを減らせばいいんだね」とTさん。

「目が覚めた!」とTさん。

自分の身を削らないことを念頭においていた・・・それって、自己中か上から目線じゃないの・・・・

画像「今までこんな風に言ってくれた人はいない。アールさんに目を覚ましてもらった」という。

(私も、Tさんのように何度も同じことで悩む人に出会ったことはないっ!)


今までも何度もあったけれどね。目が覚めるまでではなかったんだ・・・・

これからは私が目を覚ましてあげるわ。


それにしても・・・・ホントに悩むのが趣味の人だ。

なぜ考えないのだろう???

なぜ試してみないのだろう??

信じられないくらい細かいことで聞いてくる。

自分で責任を持つのがかなり苦手だと伝わってくるが、それにしてもこんなことを決められなかったら・・・

受け身だもんね。


そういえば、友達からも「えっまた?」と言われたと言っていた。

その友達の気持ちがよくわかる。

なぜ、どんな場面で言われどんな心情だったのだろうと考えないのだろう??

「友達の言葉がわかるよ」と言った。



いい人だけど・・・・時々不毛の疲れを感ずる。





うまくいっていたウィンドウズ10が、今朝からヘンになった。



"目を覚ましてあげるっ!!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント