「嫌いじゃない」けれど・・・・

画像突然年末で辞めていった30代後半のSさん。

Sさんは神経質でチョーがつくほどきれい好きで、片付け上手だった。

仕事の飲み込みが早く、忘れない。よく気がつきテキパキしていた。


去年の夏から、助っ人を含め3.5人を辞めさせ、年末には、3ヶ月前に入った人が辞めると言いだした・・・

0.5人は、高齢ということもあり、細かい仕事の流れを覚えられなかったご自身の意志と、Sさんの強い言葉に傷ついたため続けられないと・・・

「頭悪いんですか?」とか「数を数えられないんですか?」と言ったことを、悪びれることなく、Sさん本人が教えてくれた。

日報の日付の間違い・・・その類の訂正可能なことを、問い詰めるように言ったらしい。



「辞める、辞めたい・・・」と何度も言っていたSさん。その言葉が本意でないことは、大人(老人?)なら直ぐわかる。なので、去年の秋頃からは問題児のSさんを辞めさせてほしいと営業の男性にお願いしていた。

結局辞める意志のなかったSさんは、人を辞めさせてもご自身はずるずると続けていた。

きっと、思い通りになり、居心地が良かったのでしょう。

自分は仕事ができると何度も何度も言っていた。


人がいないために辞めてとは言えず、「まだ30代なのだからもっと将来性のある仕事を探すといいよ」とは言ってきた。

年末に、今も続けている方が辞めると営業の方に伝え、それを聞いたSさんは自ら辞めた。

私には「クビになったので辞めます」とショートメールが届いた。営業の方は、「クビと言ったのではない」とのことだが、Sさんの我慢の限界を超えたのでしょう。



不思議なことに、Sさんの強い言葉に傷ついて辞めていった人たち皆が、「彼女が嫌いではない」という。

私も嫌いではない。

細やかに気がつき、情や思いやりはお年寄り並みに充分ある・・・・寂しがり屋でお人よしでもある。

人間として大切なものを持っている。


ただ、踏み込みすぎるかな。「人の仕事は見ないで」と何度も言ってきたが、見えてしまうという。

重箱の隅を楊枝でほじくるように細かいことを注意をする。多分、時には上から目線や強い口調で。

30代は「私は間違っていない」と主張するが、積み重ねると、アラ探しをしているかのようだ。「そんなに細かく言っていたら、将来息子さんのお嫁さんから嫌われるよ」と言ったら、「わかってます」と認めた。

人の作業を見ないではいられないそうな・・・・話を盛りすぎる傾向もある。

結婚前には相手を両目で見て、結婚したら片目で見る・・・というような言葉があるとか。

ある程度年をとると、そういうことが身をもって解るようになるのだけれど・・・


・・・苦手と感ずる人とは交わらず、付き合いを狭くしてきた気配がする。

聞いたわけではないのに、ご苦労が多い生い立ちを自ら話してきた・・・・だから、甘やかしてと言いたかったのだろうか?

「この頃、時代劇を観てウルッとするよ。もしかしたら泣きたくて観ているのかもしれないわ」と言うと、Sさんは「いつだって泣ける」と返してきた。

彼女には温かい母親のような、心のケアが必要な気がした。


それと・・・・

書きにくいことだが、Sさんが辞めさせた人たちは、覚えられなかったり見当違いな間違え方をする。

「仕事ができないのに自分はできると思っているから、できないことを解らせなくちゃ気がすまない」というSさん。

確かに言い訳が多い。なぜそんなことくらいと思う小さなことを、「あっ、間違っちゃった~」とおどけられないのだろうと思うことが何度もある。



先日、3ヶ月前から一緒に働いている人は、「頭が悪いから高校に行けなかった」と打ち明けた。

Sさんには言えず私に言ったのは、間違いを責めたりはしなかったから??

そう解っていても、仕事をつなげて考えられなかったり、物忘れとは違う、”記憶の捏造”があると、イラッとしたり疲れるな~と思うこともある。

記憶の捏造というのは・・・

シフト表を作って行くと、「あら、(会社の)Yさんが作って明日持って行くと言っていたのに」・・・それはありえません!みんなの休日希望日を会社の人は知らないからです。今まで一度も作っていただいたことはありませんしね。後日会社の人に確かめたら、当然Noとのことでした。


その程度や、人間関係を悪くさせるような”捏造”が時々ある。決して、意地悪な気持ちで言うのではなく、頭のどこかで妄想が働くのでしょう。

30代は、そういうことも含めた嘘が大嫌いと言う。


土曜日はエコバスの便数が少ないからと、遅れて来る。

先日入った方は、「ちょっと遅れて行ってもいいですか?」と真顔で言った。

さらに入った日、「雇用保険はありますか?」と聞くので、「1日3時間を週に3日間でも雇用保険がつくのですか?」と聞き返すと、曖昧に言葉を濁した。

アウト!


長~く生きてきて、今まで一緒に働いたことのないタイプの人たちだ。

正直、毎日同じ事を何度も何ヶ所でも、注意をするのはとても疲れる。それも、穏やかに言うことが・・・・


地球規模でみたなら、小さなことなんだけど・・・



今年に入って休んだのは、元日と16日と今日だけ。

ブラック企業じゃないの!(去年の夏は45日間続けて働いた・・・)


辞めたい!と思うが、仕事を始めると社会人モードになり、シャキッとするのが快感!!

もう1人入ったら、1週間くらい休んで、広島の姉のところに行こう。






16日は息子が孫たちをつれてきた。

ドンキーの帰りにふれあい広場で遊ばせる。

冬休みがあけたので、誰もいなく、我が家の貸切状態。

息子と8歳が卓球をし、5歳とじいとばあは、風船やバランスボールで遊ぶ。

あ~しあわせ!!




"「嫌いじゃない」けれど・・・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント