「長寿は決して幸せでない・・・」

画像先日届いた先輩の便りの一言に立ちどまっている。

先輩は84歳。

お元気で毎月短歌を詠み、結社にも参加されている。

札幌で1人暮らしをしておられる。たしか近くには娘さんの家があったように思う。

私にはまだ80代の人の気持ちや心は想像しかできない。

書かれていた、「長寿は幸せでないと思うのですが・・・」という意味を、頭ではわかる気がする。


画像子どもたちを追いかけていた頃のようなエネルギーや感動はない。

時間がないのにしたいことがあって、時間が欲しかった。

今は100パーセント自分の時間になり、時間がありすぎる・・・

物忘れが増え、やがて誰かの手を借りなければ暮せなくなるときが来るかもしれない。その時間が長いと、辛くなるだろうな。その先には死がちらつくでしょう。

80代にならなければ実感はできない。


幸せだったと思えるのはいつの頃までだろう?

ところで、

幸せって何?

80歳の義姉も同感だという。


  幸せはわが裡にあり気づいても逃げ水を追うもう一人のわれ

3年前に詠んだのだけど、80歳になってもこの気持ちを持ち続けられるかは自信がない。


ウオーキングコースにコブシが咲き、ウグイスが上手に鳴いていた。





"「長寿は決して幸せでない・・・」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント