タラの芽の天ぷら

タラの芽の天ぷらのお寿司を初めて食べた。 春をたっぷり含んだタラの芽の天ぷらがおいしかった! 天ぷらだけを頼んだ人がいて、気がつかなかったことを悔いた。 ご飯と天ぷらを別々に食べたらよかったかも? 気が急いてミニトマトを1本買う。 CFココ。 210円。元をとれるかな? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会場を変えて例会  

今月から例会の場所が変わった。 駅から近いので、バスでこられる方には便利になった?不便になった人も? 出掛けに先生から、歯医者さんに行ったら疲れたから欠席しますと電話があった。 高齢で細い先生なので、エネルギーを吸い取られたでしょうね。 Wさんを中心に、どうにか終えた。 Wさんが入ってくれていなければ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心身ともに活性化! 中学の同期会

楽しかった~! この1年で24人も亡くなったそうで、黙祷を捧げてから始めた。 相変わらずB組の出席者が一番多かった。 テーブルに初めて見る顔が・・・ ワダ君に聞いたら、ナベだという。 えぇっ~あのW君が・・・歌が上手で、ホイホイミュージックスクールのオーディションを受けた人だ。 東京へ出て歌の勉強をし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガスパッチョ

もう15年も前になるが、スペインを訪れた時に初めて飲んだトマトベースのスープ。 忘れられないほどおいしくて感動したのに、写真に残していない。 確かバルセロナでのランチだったと思う。 セロリが利いていたせいか、好きな人と苦手な人がはっきり分れた。 苦手な人たちから、どうぞと回ってきて、3皿も飲んだ。 数年前に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新聞小説はじまる

「桐嶋、部活やめるってよ」と「何者」で気になるようになった浅井リョウくん。 大学3年生2人が、映画を作る・・・物語? 作者が浅井リョウくんだから、内面を掘り下げ、読み応えがあるでしょう! 1年間続くのかな? コツコツが苦手だけれど、テレビと違い後でも読めるので、読破できるでしょう 先日結社の歌集で直…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「若者からの問題提起」 新聞小説「スター」

24日の短歌時評に、大辻隆弘さんは、”今どき”の問題を寄せていた。 「歌壇・結社のこれからを考える」のなかで歌人・牛沼義朗氏は「インターネットが発達してきて、今まで若年層とか新人の人たちがいろんな不満を持っていてもあまり表に出てこなかったのが、一気に顕在化するようになってきて、その対応が、結社や歌壇にも否応なく求められてきている」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春は喘ぎながらに・・・

今年は雪が少なく、春が早いと期待していた。 アスファルトが見え始めると、その思いを強くしていた。 夏靴に変え、コートも合いものに変えた。 ところが・・・そう簡単には春にしてくれない。 淡雪ならすぐに消えるのだけど、気温が低くて雪が減らない。 0度のなか、今年初めてのウオーキングをした。 寒かったけれど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 『運び屋』

26日シネマフロンティアで。 同世代の方がほとんどで、ご夫婦と思われる連れも多かった。 主演と監督の、クリント・イーストウッドは上手!すごい才能の人だとあらためて思った。 90歳で運び屋をしていた男性の、新聞記事がベースの作品だとあった。 脚本家も上手!携帯の使い方のシーンなど何度も笑った。 百…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

児童書に戻る? エミリー

短歌の仲間に連絡のハガキを出すと、礼状が届いた。 今、モンゴメリの『エミリー』を読んでいます。テレビは『名探偵コナン』!かくて気持ちはとみに少年少女に近づいています。 と添えられていた。 読みたい! この方とはひとつ違い。ミスマープルや金子みすずが好きだったり・・・どこか共通のものがある。 早速図書館か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3人寄れば1分の沈黙もない 女子会 

昨日、友達と3人で・・・N旅館の個室ランチを楽しんだ。 予約の時間近くに着くと、ハーメルンの笛に釣られるように渋めの老女たちがゾロゾロ・・・・ 11時から3時まで2160円。持ち込みO・K。 友達の娘婿さんはフランス人。シェフ。 去年の忘年会の時にはロゼのワインを差し入れしてく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日の二品

姉と話していたら、塩辛を使ったパスタがあるという。 先月姉が来た時に、お嫁さんの実家から塩辛や鱒をいただいた。 で、早速作ってみた。 ネットを見てから作るとよかった・・・ オリーブオイルにニンニクを入れ、かために茹でたスパゲティに塩辛を混ぜただけ。 う~ん・・・食べられないこともなかった・・・ で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

例会 公園にキツネが出る?

近くの公園を通ったら、張り紙が・・・ 「キツネ出没中」 以前から街なかにキタキツネが出ていた。 我が家の庭からゴルフボールを加え、窓越しの私を振り返りながら去っていったことがある。 子狐でかわいかった。 エキノコックスがなければいいのに・・・ 生協の??室を借りて例会を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 『グリーンブック』

5日フロンティア。 アカデミー賞 作品賞・脚本賞・助演男優賞・受賞作品。 監督 ピーター・ファレリー 1962年 ニューヨークのナイトクラブで用心棒をしていたイタリア人のトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)は、店舗改装の2ヶ月間、黒人ピアニストのコンサートツアーの運転手に雇われた。 「神の域の技巧と絶賛さ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

こんな風に詠むといいの?

新聞の投稿歌に、私と同じ思いの歌が選ばれていた。 カルタ取るそのときタカに豹変するいつもはリスのような目の子は ・・・焦点を絞って緻密に詠むのがいいのかな? 私も孫の目の鋭さに感動したのだから・・・ 結社へ提出した九首 下の句に得意の札はまだなくて九歳の目は鷹になりたり 下の句…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 『女王陛下のお気に入り』

女王アン役のオリヴィア・コールマンがアカデミー賞の主演女優賞を受賞。 そのせいか、シネマフロンティアの小ぶりのスクリーンの部屋?は満席に近かった。 パソコンからチケットを予約して行けばよかった。 18世紀イングランド。 アン女王は病気がちなため、女館長のサラに全てを任せている。 17回懐妊し流産や死産を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胆振東部地震の余震?

昨夜9時22分、胆振中東部で震度6弱の地震があった。 震源地は去年と同じ、厚真、安平、鵡川町。 震度6弱。100戸くらいの家では断水とのこと。 去年の9月のドンと突き上げるようなのではなく、横に揺れた。 震度4だった。 地下鉄は運転見合わせで、タクシーを待つ列が映し出されていた。 例年なら最も寒い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2月の例会

1月はインフルエンザで休んだので、昨日はいつもよりも新鮮だった。 俳句の夏井いつきさんの言葉のインパクトが強く、続けてみていたら、受けとめ方が似てきた?? 原文の「重篤の病」という言葉に、「重篤」には「病」が含まれていると思います。 とか 「友人(とも)の眼差し遠く」は十文字なので、「友の眼差し」で、「遠く」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

確かに寒いけれど・・・

先週から、8日の北海道はえらく寒くなると繰り返していた。 日中も-11、2度なので確かに寒い。 家の前にゴミを出しに行っても、いつもの寒さとは違う。 今までにも寒い日があった・・・-21度を体感したことがある。 最近聞かなくなったけれど、かつては母子里(もしり)の気温が低かった。 起きたら室温は13度で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブリキの湯たんぽ

昔、半分お遊びで買ったブリキの湯たんぽを処分しようと思っていた。 年初めにかかったインフルエンザは、高熱は出なかったけれどまだ寒気がするので、久し振りに入れてみた。 あったか~い! やわらかい温かさにすっかり湯たんぽのとりこになった。 処分はやめた。 子どもの頃は、翌朝、顔を洗う時に適温になっていて、それぞ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お気に入り

23日、久し振りに札幌へ。 お気に入りの便箋を買うためにセントラルへ。 正直、手書きの緊張は疲れるのだけど、活字でも感動するように、心を込めて活字でもいいと思うのだけれど・・・ お互いに文房具が好きだから・・・・ ブルーのインクで書く。 ギモーヴ マシュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more