マダムグレイ

紅茶の名前。 友達のミュンヘン在住の娘さんから、私にもおすそ分け。 ベルガモットとオレンジの皮が入っていると添えられてあった。 ベルガモットとは、柑橘系でイタリア原産。 中国へ行ったとき、中国のおじいさんたちの一行が、ペットボトルに茶葉を直接入れて持っておられた。(斜面の茶畑を観光した) 真似て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の苗を買う

雪が解けると、テンションが上がる。 トマトの苗15本、キュウリ3本、セロリ5本、マダーボール(スイカ)1本。 トマトは大好きなオレンジパルチェを3本、フルーツトマトを4本。 ピーマンやナンバンも買いたい。 去年は雨が多く寒くて、今一の収穫でした。 夏の気温が気になる・・・ まだ風除室に。 夜には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 『ねじれた家』

アガサ・クリスティー原作と知ったら、観ずにはいられない。 30日、キノで。 GWのせいか、63席の9割が埋まっていた。 いつもよりはやや多めに男性がいた。ミステリーだから? 無一文から巨万の富を築いた大富豪レオニデスが毒殺された。 私立探偵のチャールズは、レオニデスの孫で元恋人のソフィアから捜査を依…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

華流ドラマにはまる

2013年に何気なく目にとまり、予想外におもしろかった。 「宮廷の諍い女」 大奥のような物語。 https://hatigatunokujira.at.webry.info/201309/article_22.html 去年、これもBSで偶然に目に止まり、途中からだったけど見続けた。 「花と将軍」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

例会&「平成を歌う」

午前中、雪がちらついた。 先月、道新では平成の短歌を募集していた。 誘われて投稿したけれど、すぐにできたので、脈はないと思っていた通りにボツ。 3人出したが、全滅。 北海道の若手歌人の・・・よくわからない・・・ 山田航さん ゲーセンの上の高架を貨物車が過ぎる一瞬 客がみんな老いる 明…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ニューフェース  カナダ芥子 

昨日、花友のTさんから「カナダ芥子」をいただいた。 日当たりがいい庭なので咲くのが早い! つい目がいったら・・・下さった。 「サンギナリア」では覚えられそうにないと言ったら、「カナダ芥子」だったら覚えられるでしょ!と。 山野草の「小豆菜」もいただいた。 「雪笹」がアズキ菜だと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイヌネギとイヌサフラン

毎年、文字通り毎年、アイヌネギ(ギョウジャニンニクまたはキトビロ)とイヌサフラン(コルチカム)を間違えて食べ、亡くなる人がいる。 葉っぱは似ているけれど、アイヌネギは山野草で、イヌサフラン(コルチカム)は庭に咲くものかと思っていたけれど・・・野にも咲いているのだろうか? 我が家にも、両方を植えてある。 まだ植えた場所を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

相原求一郎の軌跡

近代美術館で今日から始まった。 雨がぱらついていたせいか少なめだったお客さんが、少しずつ増えてきた。 でも、混んでいない方が観やすい。 一枚の絵しか知らなくて、それは北海道を描いていたので、道産子かと思っていた。 大作というのか、大きな絵が多かった。              たった1枚知ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

情感の財産を処分

読み返さないと思う本は図書館のリサイクルボックスに入れていた。 私のわずかな情感の財産・・・ 海外旅行をたくさんしたくて、図書館を利用するようになった。 でも絵を観に行けば画集がほしくなり・・・ ヴァチカンやアッシジで教会画を買ってきたり、絵葉書も使いきれないほどある。 姉もバザーで買ってくれたり・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 『長江 愛の詩』

DVD 大きなスクリーンで観たくなるような、画集のような映画・・・でした。 無骨そうな男性が、父が残した船の中で見つけた詩集「長江図」。 長江流域の街が書かれていた。 辿るように船で上流へと進む。 ・・・・ パンフレットより 亡くなった父親の後を継ぎ、小さな貨物船の船長となっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タラの芽の天ぷら

タラの芽の天ぷらのお寿司を初めて食べた。 春をたっぷり含んだタラの芽の天ぷらがおいしかった! 天ぷらだけを頼んだ人がいて、気がつかなかったことを悔いた。 ご飯と天ぷらを別々に食べたらよかったかも? 気が急いてミニトマトを1本買う。 CFココ。 210円。元をとれるかな? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会場を変えて例会  

今月から例会の場所が変わった。 駅から近いので、バスでこられる方には便利になった?不便になった人も? 出掛けに先生から、歯医者さんに行ったら疲れたから欠席しますと電話があった。 高齢で細い先生なので、エネルギーを吸い取られたでしょうね。 Wさんを中心に、どうにか終えた。 Wさんが入ってくれていなければ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心身ともに活性化! 中学の同期会

楽しかった~! この1年で24人も亡くなったそうで、黙祷を捧げてから始めた。 相変わらずB組の出席者が一番多かった。 テーブルに初めて見る顔が・・・ ワダ君に聞いたら、ナベだという。 えぇっ~あのW君が・・・歌が上手で、ホイホイミュージックスクールのオーディションを受けた人だ。 東京へ出て歌の勉強をし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガスパッチョ

もう15年も前になるが、スペインを訪れた時に初めて飲んだトマトベースのスープ。 忘れられないほどおいしくて感動したのに、写真に残していない。 確かバルセロナでのランチだったと思う。 セロリが利いていたせいか、好きな人と苦手な人がはっきり分れた。 苦手な人たちから、どうぞと回ってきて、3皿も飲んだ。 数年前に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新聞小説はじまる

「桐嶋、部活やめるってよ」と「何者」で気になるようになった浅井リョウくん。 大学3年生2人が、映画を作る・・・物語? 作者が浅井リョウくんだから、内面を掘り下げ、読み応えがあるでしょう! 1年間続くのかな? コツコツが苦手だけれど、テレビと違い後でも読めるので、読破できるでしょう 先日結社の歌集で直…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「若者からの問題提起」 新聞小説「スター」

24日の短歌時評に、大辻隆弘さんは、”今どき”の問題を寄せていた。 「歌壇・結社のこれからを考える」のなかで歌人・牛沼義朗氏は「インターネットが発達してきて、今まで若年層とか新人の人たちがいろんな不満を持っていてもあまり表に出てこなかったのが、一気に顕在化するようになってきて、その対応が、結社や歌壇にも否応なく求められてきている」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春は喘ぎながらに・・・

今年は雪が少なく、春が早いと期待していた。 アスファルトが見え始めると、その思いを強くしていた。 夏靴に変え、コートも合いものに変えた。 ところが・・・そう簡単には春にしてくれない。 淡雪ならすぐに消えるのだけど、気温が低くて雪が減らない。 0度のなか、今年初めてのウオーキングをした。 寒かったけれど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 『運び屋』

26日シネマフロンティアで。 同世代の方がほとんどで、ご夫婦と思われる連れも多かった。 主演と監督の、クリント・イーストウッドは上手!すごい才能の人だとあらためて思った。 90歳で運び屋をしていた男性の、新聞記事がベースの作品だとあった。 脚本家も上手!携帯の使い方のシーンなど何度も笑った。 百…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

児童書に戻る? エミリー

短歌の仲間に連絡のハガキを出すと、礼状が届いた。 今、モンゴメリの『エミリー』を読んでいます。テレビは『名探偵コナン』!かくて気持ちはとみに少年少女に近づいています。 と添えられていた。 読みたい! この方とはひとつ違い。ミスマープルや金子みすずが好きだったり・・・どこか共通のものがある。 早速図書館か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3人寄れば1分の沈黙もない 女子会 

昨日、友達と3人で・・・N旅館の個室ランチを楽しんだ。 予約の時間近くに着くと、ハーメルンの笛に釣られるように渋めの老女たちがゾロゾロ・・・・ 11時から3時まで2160円。持ち込みO・K。 友達の娘婿さんはフランス人。シェフ。 去年の忘年会の時にはロゼのワインを差し入れしてく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more