テーマ:短歌

八月の例会

Kの会の例会。 今月から16年目に入る。 Sさんはお兄さんの新盆のため欠席。 先生は転んで手の骨にひびが入ったとかで、欠席。 遅いので始めていたら私のスマホに電話があり・・・「今週はお盆があるから来週ってカレンダーに書いてある」という。 う~ん・・・ そんな話は1度も出ず、日を変えると間違いやすいうえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユーモア短歌?

思わず笑ってしまった。 新聞の短歌欄に投稿され、選ばれなかった番外編。 ごくたまにわが歌の載ることあれば着いてはゐるらし投稿の葉書    同感! 出してもいない歌をさがす日曜日出さねば出ない出しても出ない    同感! 千年後朝日歌壇の吾の歌が元号となる夢を見ている …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10歳の初作品

29日、孫たちをあずかる。 迎えに行くと10歳は宿題をしていた。 お嫁さんは面倒だからと言い、解答を見ながら丸をつけていた。そんなに難しいのかと思ったら2桁×3桁の掛け算だった。 たしかにメンドーだね。 横にあったドリル?をみると、ナント短歌が載っていた。   天の原振りさけ見るば春日なる三笠の山にいでし月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

例会

                                      新聞に一首 冷夏にてまだ来ぬ夏のミニトマト青きままなり未完成の赤  (H・A) この街がお気に入りなの?サッポロの空とぶ鴎今日も一羽で  (Y・E) 総身を針で覆へる薊の原われもゆずれぬ改憲・年金・消費税  (S・T) 会館の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

合評の俎上に

拙作が結社の歌集の合評の俎(まな)板に上がっていた。 注連飾りなき正月に柚子ひとつ玄関に置き東風便り待つ 例会で詠んだのは・・・ 注連飾りなきお正月柚子ひとつ置けば東風など膨らみ初めるや 不幸があったので注連飾りを飾れないお正月を迎え、寂しい。せめて、広島の姉が送ってくれた柚子を玄関に置けば、この先さらに寒さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月の例会

プロフィールの青い池の写真が消えた・・・      画像の貼り付けがわからない・・・ 先生は、旅行とかで欠席。 Hさんは娘さんが入院のため欠席。 札幌からYさんが見えた。マルセイバターサンドのお土産をいただいた。 新聞に。 捉へたき文字を思ひて墨を磨る 薫るを待ちて心静めり (S・K) …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

薔薇の花びらは56枚

短歌の芽を探していたら、庭の薔薇に目が留まった。 1番早くから咲き始め、1本は玄関に飾り、1本だけ花を採ってみた。 あまりにも花びらが多そうだったから・・・ ナント56枚もあった。 どんな風に”料理”できるかな・・・ 料理は嫌いではないけれど下手だから・・・・ 皿に並べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

言葉貯金箱

例会で、「思いついた言葉をメモして箱か何かに入れておくといい」と言われた。 そう思ったこともあるけれど・・・ 広告の白い裏紙にメモをしてはいるけれど・・・ Sさんは電子辞書をスクロールして言葉を探していると言っていた。 真似てみたが、飽きて3分も持たない。 新聞を読んだり、映画や絵を観たりなら続くのだけど・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

6月の例会

5月は休んだので今日は新鮮だった! 先生は3ヶ月ぶりに出席された。 新聞に 友の住む余市の海の音を聴く赤むらさきにワインはゆれて 震災を受けし田の面に菜を育て明日の稲穂のそよぐを願ふ 蕗剥きし吾の爪シックと笑う娘はネイルアートに星や花のせ 時満ちてタンポポ緑の衣解き白き密なる綿毛の美しき 声もた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「基本的歌人権」?

結社の歌集より・・・ 平成30年12月号の歌壇時評に、「基本的歌人権」という言葉があった。 結社「心の花」の120周年記念号によると、ある歌について穂村弘が、「いいところでいいものを拾いすぎている」と発言した時、「今は歌会ではそういう批評はなしなんですよ」と言われたショックを明かしている。 基本的人権ではないけれど、基…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

例会

14日は法事のため欠席。 Wさんからメモと直された詠草が届いていた。 先生は体調がすぐれず欠席。 札幌のYさんは母の日にレストランで転び、顔からも血を出したほどで欠席。 Hさんは電動自転車で転び、右手骨折で欠席。詠草もなし。 私は法事で欠席。 やがて行く道なのでしょうね・・・    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

例会&「平成を歌う」

午前中、雪がちらついた。 先月、道新では平成の短歌を募集していた。 誘われて投稿したけれど、すぐにできたので、脈はないと思っていた通りにボツ。 3人出したが、全滅。 北海道の若手歌人の・・・よくわからない・・・ 山田航さん ゲーセンの上の高架を貨物車が過ぎる一瞬 客がみんな老いる 明…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

会場を変えて例会  

今月から例会の場所が変わった。 駅から近いので、バスでこられる方には便利になった?不便になった人も? 出掛けに先生から、歯医者さんに行ったら疲れたから欠席しますと電話があった。 高齢で細い先生なので、エネルギーを吸い取られたでしょうね。 Wさんを中心に、どうにか終えた。 Wさんが入ってくれていなければ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新聞小説はじまる

「桐嶋、部活やめるってよ」と「何者」で気になるようになった浅井リョウくん。 大学3年生2人が、映画を作る・・・物語? 作者が浅井リョウくんだから、内面を掘り下げ、読み応えがあるでしょう! 1年間続くのかな? コツコツが苦手だけれど、テレビと違い後でも読めるので、読破できるでしょう 先日結社の歌集で直…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「若者からの問題提起」 新聞小説「スター」

24日の短歌時評に、大辻隆弘さんは、”今どき”の問題を寄せていた。 「歌壇・結社のこれからを考える」のなかで歌人・牛沼義朗氏は「インターネットが発達してきて、今まで若年層とか新人の人たちがいろんな不満を持っていてもあまり表に出てこなかったのが、一気に顕在化するようになってきて、その対応が、結社や歌壇にも否応なく求められてきている」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春は喘ぎながらに・・・

今年は雪が少なく、春が早いと期待していた。 アスファルトが見え始めると、その思いを強くしていた。 夏靴に変え、コートも合いものに変えた。 ところが・・・そう簡単には春にしてくれない。 淡雪ならすぐに消えるのだけど、気温が低くて雪が減らない。 0度のなか、今年初めてのウオーキングをした。 寒かったけれど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

児童書に戻る? エミリー

短歌の仲間に連絡のハガキを出すと、礼状が届いた。 今、モンゴメリの『エミリー』を読んでいます。テレビは『名探偵コナン』!かくて気持ちはとみに少年少女に近づいています。 と添えられていた。 読みたい! この方とはひとつ違い。ミスマープルや金子みすずが好きだったり・・・どこか共通のものがある。 早速図書館か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

例会 公園にキツネが出る?

近くの公園を通ったら、張り紙が・・・ 「キツネ出没中」 以前から街なかにキタキツネが出ていた。 我が家の庭からゴルフボールを加え、窓越しの私を振り返りながら去っていったことがある。 子狐でかわいかった。 エキノコックスがなければいいのに・・・ 生協の??室を借りて例会を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな風に詠むといいの?

新聞の投稿歌に、私と同じ思いの歌が選ばれていた。 カルタ取るそのときタカに豹変するいつもはリスのような目の子は ・・・焦点を絞って緻密に詠むのがいいのかな? 私も孫の目の鋭さに感動したのだから・・・ 結社へ提出した九首 下の句に得意の札はまだなくて九歳の目は鷹になりたり 下の句…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胆振東部地震の余震?

昨夜9時22分、胆振中東部で震度6弱の地震があった。 震源地は去年と同じ、厚真、安平、鵡川町。 震度6弱。100戸くらいの家では断水とのこと。 去年の9月のドンと突き上げるようなのではなく、横に揺れた。 震度4だった。 地下鉄は運転見合わせで、タクシーを待つ列が映し出されていた。 例年なら最も寒い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2月の例会

1月はインフルエンザで休んだので、昨日はいつもよりも新鮮だった。 俳句の夏井いつきさんの言葉のインパクトが強く、続けてみていたら、受けとめ方が似てきた?? 原文の「重篤の病」という言葉に、「重篤」には「病」が含まれていると思います。 とか 「友人(とも)の眼差し遠く」は十文字なので、「友の眼差し」で、「遠く」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お気に入り

23日、久し振りに札幌へ。 お気に入りの便箋を買うためにセントラルへ。 正直、手書きの緊張は疲れるのだけど、活字でも感動するように、心を込めて活字でもいいと思うのだけれど・・・ お互いに文房具が好きだから・・・・ ブルーのインクで書く。 ギモーヴ マシュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インフルエンザのため例会欠席

5日から罹っていたインフルエンザ。 まだ鼻水っぽくてぜーぜーした咳が残っている。もう少しで2週間になる・・・長すぎない?? パート先には12月31日からという人がいて、インフルエンザは10人だとか・・・風邪の人も・・・ 14日は短歌の先輩の皆さんにうつしてはいけないと、もう菌はないかと思うが欠席。 予防接種を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

注連飾りなきお正月

新しき年の初めに 街蒼くうるほひゆかんモーツアルト生誕の日のかそけき霙                       尾崎左永子 春の海いま遠かたの波かげにむつがたりする鰐鮫おもふ                                 与謝野晶子 巻きなだりいやつぎつぎに重き層む波の穂冥し海豹の顔  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

例会

21日、1週早い例会。 IさんとSさんがお休み。 新聞に。 認知症と言はれゐる友の夢にきて我と語りぬ楽しき夢なり (Y) 天からの無償の水を売るといふ被災地の人の苦を思ひみよ (S) 窓越しに入る日差しは暖かく寒さ忘れて読書三昧 (J) ふと目覚む長き空間夫と娘(こ)の諍ひいたく心に残り (H) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年最後の例会

Kの会。 同好会になったけれど、先生が例会を忘れていて電話をした。 その間に新しく指導と進行をしてくださるWさんに、お礼をどうしようかとアンケートあり。 結果はわからない。 才気煥発なWさんは、小気味よく進行をしてくださる。          …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

例会(Hの会)

23日、孫をあずかったので、遅刻した。 「おばあちゃんのメニューで好きなのはトンカツ」という9歳。 で、お昼はトンカツを。 6歳はご飯を食べずトンカツだけ。 カロリーが高いので、うちへ来る前後にはトンカツは控えてねとお嫁さんに伝えている。                             …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月は欠席した例会

友達と女子旅をしていたので欠席。 Yさんは今月も札幌から出席されたという。会いたかった! 新聞に。 ひとはけの水色伸びし水平線はじめて海を視し十歳のころ 鴉一羽軒の下にて留まり待つ後から一羽飛び来る雨の日 収穫の余韻語りつつ畑じまい赤極まれる鷹の爪扱ぐ 一鉢をくれなゐに染め蝦蛄葉(サボテン)のひら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

例会

26日Hの例会。 札幌からYさんが出席された。 存在感のある方で、一人多いだけで活気づいた。 いつも必ずお土産を下さる。 昨日は夕食のおかずにと、釜栄のかまぼこを。ごちそうさまです!             ものすごく甘いカボチャ   甘龍 新聞に。 存(ながら)へて昭和・平成の世を見る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「願い叶いて」

今朝5時は0度。 居間は15度。 庭仕事がまだ少し残っている。 枯れ葉がよその庭に舞い込む前に・・・ 執念で咲かせた彼岸花。 存在感がある。 18日結社へ送る。  願い叶いて 母在らば”山吹の実のひとつだに”なんて話せしか雨のつづく夜に ライナスの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more