テーマ:老い

「長寿は決して幸せでない・・・」

先日届いた先輩の便りの一言に立ちどまっている。 先輩は84歳。 お元気で毎月短歌を詠み、結社にも参加されている。 札幌で1人暮らしをしておられる。たしか近くには娘さんの家があったように思う。 私にはまだ80代の人の気持ちや心は想像しかできない。 書かれていた、「長寿は幸せでないと思うのですが・・・」という意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忍び寄り深まる老い・・・

21日、図書館で短歌のWさんと会った。 館内で重いことを話し始めたので、小声でなら話しもでき、食事もO・Kな部屋へ誘い続きを聞く。 二つ参加している歌会のうち、ひとつは生協の多目的部屋?を借りている。 その部屋の暖房が壊れているとかで、冬はコートを着たまま、使い捨てカイロをポケットや腰のあたりに入れて2時間を過ごし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

失敗かと思ったら Ⅱ

昨日、カレーを作ることに。 「カレーは玉ねぎ料理」と読んだことがある。(玉村豊男?) 20年も前のことだったような・・・ 以来玉ねぎをたくさん入れている。 飴色になるまで炒めるのは少しさぼってるけど・・・ 牛肉と、チルドに残っていた豚肉も入れた。 ルーを入れるとき、「牛肉」というパッケージの文字が目に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老々介護

ヘルパーで訪問しているお宅は、奥様が70代半ばでご主人は84歳という。 奥様に歩行や会話の困難、認知症などがある。 ご主人も心臓の病気を抱え、自転車に乗ってはいけないなどの制限があると聞いている。 自分に何かあったらどうしようと言っておられた。・・・ 土曜日には、ご主人がポテトサラダを作っておられた。単身赴任を経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

墓参り  2

昨日は私の方の墓参り。 9時に夫は、息子が仕事なのでお嫁さんと孫を迎えに行き、その間に私は不足分のおにぎりを買いに行く。 我が家の土鍋では4カップしか炊けないから、11人だと足りないかと思い・・・ 雨が降る予報だったので、兄たちが着いたらすぐに墓参りへ。 1年ぶりに姪やR君に会った。 ご主人とは13年ぶりかな?…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「人は皆、その年齢ほどに見える」

秋きぬと目にはさやかにみえねども・・・秋の風が吹きはじめた・・・ 短歌の先輩から勧められ、図書館から借りてきた。 『晩年の美学を求めて』  曾野綾子著 ・・・・ 私が好きな言葉は、ある外国人から聞いたもので、「人は皆、その年齢ほどに見える」というのである。 偉大な真理で、取り繕えば少し若く見えることはあって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

物忘れ・・・

8日の朝、ホタテの炊き込みご飯を炊いた。 ガスで、耐熱の鍋で炊いていた。 沸騰してから弱火にして、しょう油味のご飯なので、焦げた匂いが・・・ 焦げた匂いがしても、炊きあがるまでそのままおいた。 そして、一度混ぜて火を止めた・・・ 昨日は映画を2本みるつもりで・・・気が向けば3本みるつもりでいた。 早く…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more