テーマ:エッセイ

返事をしてくださいな

10月のはじめ、札幌近郊の兄の家に行くときの電車内でのことです。 2両目にはわずかに空席がありました。 途中のK駅に着いたとき、アナウンスが流れました。 前方の入り口近くに座っておられた老婦人が、「今なんて言ったんですか?」と大きな声で聞かれました。 私は後方の入り口近くに座っていました。近くの方が教えてくださる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やったね!

昨日仕事から帰ったら、一月に入会した結社の歌集が届いていた。 また、その他大勢だろうと、直ぐには開かないで、着替えたりお昼の準備に取り掛かった。 一息ついたところで開けてみた。なぜか二冊入っていた。 歌集の一番に私の七首が載っていた。 びっくり! うれしい! 冷静にみたら、アウシュビッツを詠んだので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蕗のとう

広島の姪から届いた蕗のとうの写真。 姪は北海道の蕗の葉っぱの大きさに驚いてくれた。何度も。 (東京の知りあいも驚いていた) 去年の秋にお邪魔をするとき、裏のご主人からいただいておいた根を2本持って行った。 もう雪は消えたのだろうか、蕗のとうの芽が出たと送ってくれた。 蕗のとうの若草色が大好き! こちら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝刊にハートフルな記事

「どうか幸せになってください」 6日、大雪の予報が出たためか、朝の駅のパン屋さんはいつになく 混んでいました。その中に、40代のホームレスと思われる男性がいました。 レジに並んだとき、私の前にいたその人は、パンを一つ、手づかみで持っていました。 順番が来たその人は、レジにパンをそっと置きました。レジの女性は、表情を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

惚れたぜぃ!

 友達と東山魁夷展をみてきた日のこと。パンフレットにもあったように、「清澄で深い情感をたたえた風景画」のすばらしさに、感動を伝える言葉を探せない。同じ歳の友達と、「この歳だからこそ、こんなにも感動できるのだろうね」と話した。  余韻に浸りながら、ランチを食べ、お喋り。外に出ると暑いので、またカフェに入って冷たい飲み物を飲む。知り合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠回り・・・

一昨日、ウオーキングをしていたら、注意!のテープが張られていた。 スズメバチがでたらしい。 24年になるけれど、初めて。 気になるけれど、遠巻きに歩いた。 22日、友達と東山魁夷展をみた後、いつものようにあれこれ話した。 友達の三女さんは陸上をしていて、詳しくは覚えていないけれど、道内クラスの記録を出せる選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マデリンお婆ちゃんの話

昨日、図書館から「ベストエッセイ」を借りてきた。 77人のエッセイが寄せられている。 気に入った人や好きなタイトルから読めるのがいい! もっと読みたい方は、本を買って下さい・・・ 冲方 丁 (うぶかた とう)と読める方いらっしゃるの? 作家。 テレビに出るとき、メイクで眉まで描かれ、「自分じゃなくなるみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兄の沽券

去年秋、札幌に住む兄夫婦と私たち夫婦の四人で、広島県の姉の家を訪ねた。姉の厚意で、1週間お邪魔した。  実は一昨年も行っている。お礼の気持ちを込めて、北海道の海産物やお菓子を多めに持って行った。兄は私以上に持って行った。姉は喜んでくれたが、全部、職場や近所に持って行き、一つも自分では食べようとしなかった。姉の笑顔を浮かべながら選ん…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「幸せ」≠”HAPPY”

20日の夕刊より。 細野ひで晃さん    日本語の「幸せ」を英語で訳すと”HAPPY”になる。しかし、辞書の上でつながる二つの言葉に僕は全然違う印象を持つ。  日本語の「幸せ」は「辛」という漢字に一本の線を加えていて、それは渡り鳥が辛い旅路に一休みする止まり木を意味しているらしい。つまり、辛い人生や修行中の休息時間を「…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

息子の眼差し

 去年二男夫婦のところに初めての子供が授かった。女の子である。両家にとっての初孫でもある。お嫁さんが疲れないようにと、2度ほど会いに行った。初対面なのに友人たちがいう、孫が可愛いという気持ちをすぐに悟った。  待ち望んだ息子夫婦の喜びはどれほどだろうと、そちらも嬉しかった。  産院で息子に会った。仕事の都合で生まれた日に抱け…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レンコンがぁ~届いたぁ~!

ビックリ! 茨城から札幌の友達の名前で、レンコンが届いた。 新鮮!たくさん!高そう! 茨城は友達のお兄さんが住んでいるところ。以前お兄さんのことを書いたからかな? http://hatigatunokujira.at.webry.info/200805/article_11.html    友達のお兄さん …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Yさんのトマトでスープを

 なんだかリッチな気分になりたくて、お昼のパンに、紅茶でなくトマトスープを作ることにした。夏の終わりにトマトを煮てつぶし、冷凍しておいた。それを解凍し、温めながら、塩、コショウで味を整えただけ。まろやかなな中にも酸味がほどよくあり、おいしい。  このトマトは、近所のYさんが作ったものだ。野菜が採れる頃、家まで注文を取りに来て下さる…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

夫婦の重み

短歌の会に行くと、タイツのつま先に穴があいていた。両方に。恥ずかしくて隣の方に、「穴があいちゃった!」なんて、わざとらしく言ったら、思いがけない言葉が返ってきた。 結婚するとき、ご主人になる方から、「靴下に穴があいたらどうするの?」と聞かれ、「つぎを当ててはきます」と答えたそう。「靴下の穴を繕ってはく人がよかったんだ」と、後で言わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謝るということ

                   道に落ちていた蜂の巣→ 介護施設の朝食作りをしていたときのこと。  朝食の配膳を終え昼食の準備にかかる。その日は赤飯だった。早めに餅米をといだ方がいいと思い先輩に聞いた。「といで水に浸しておいて」という。ザルにあげた方がいいと思ったが、言われた通りにした。  昼食担当の人が30分も早…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

裾めくるのは・・・

短歌の会。 お囃子が血を騒がせる盆踊り裾めくるのは男(お)のこ風か (無難に南の風か、としたのだけど、風にも色があると思うので、ホントは男の風にしたいと言ったら先生は、短歌だからこそと、オーケイでした。男だと強いので、男(お)のこくらいでいいでしょうと・・・裾めくるという一言は、2日かかって探せた。以前先生が、白いネコの作品…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友達のお兄さん

♪久しぶりに会った友達から、ステキな話しを聞いた。 友達は、一人暮らしのお母さんの隣に住んでいる。 同じ市内に住むお姉さんと、3人でランチに行ったりおしゃべりしていたのを断片的に聞いている。 2年前、友達はご主人の転勤で道南地方に行くことになった。 その間、本州に住むお兄さんが来てくれることになったとうれしそうに…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

女のたしなみが・・・

洗濯物を外に干せる季節になりました。 そんなことでも主婦にはうれしいものです。 二男の服が風で物干し竿に巻き付くのを見て、逆上がりをしている光景を想像したことがなつかしいです。太めの二男は、小学生のころ逆上がりが苦手だったから。 タオルや下着のハンガーを干していたら、ニンマリと思い出したことがあります。 10年一昔と言うから…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

新旧交代

どれも、20年前に我が家の一員になったものばかり。 どらえもんは、スペインのテレビでみたなぁ~。 家族5人の時に大活躍したけど、今は3人。縮小しました。 去年からだったか、細かく分別するように…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

腕を上げたね!?

今朝、「豆腐と、エビと野菜の中華風あんかけ」(メニュウ、もうちょっとかっこいい名前だったはず)が、おいしくできたので、同僚から言われた。決して一人で作っているのではなくて、経験者に聞きながら作ってる。 経験者がメインメニューを作る習慣になってしまった。でも、誰でもできなくちゃいけないので、最近私もチャレンジしている。 一応、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユニクロオープン!

自転車で20分のところにユニクロがオープンした。 パジャマ代わりのTシャツ390円を2枚。こんでいた。 靴下は仕事のときにはく。ヨーカドーで330円也。タンポポみたいな黄色だね。 昨日友達とランチをしながら、「デパートでいいものを見たら欲しくなるけど、もう物はいら…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

MMK?

どのくらい前だったか忘れたけれど、「モテてモテて困る」を、MMKと言った時代があった。 自分を笑って使った・・・のよね? 残念ながら、MMKの経験はない。^^ でも・・・・ 去年、パートについた先で早々に、 「私アールグレイさんが好きだから、あなたについて行きます!」 と言われた。出会って二日目のことだっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分へのお土産

♪1番のお土産は、ドイツの思い出。  漠然と、お堅いイメージがあったドイツ。ロマンチック街道やライン川クルーズで見た街並み  は、それを変えた。ちょっと寂しげなノイシュバンシュタイン城。冬を楽しむカーニバル。大人と 子供の両面をもっている気がした。私の理想です。 ♪2番目は、帰りのフランクフルト空港で、話しかけてきたすてき…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

愚痴・・・

介護施設の朝食作りのパートに出て、半年が過ぎようとしている。 恥ずかしいくらい何もできなくて、初めは無我夢中だった。調理をされる先生は器が大きくて、学びたいと思わせてくれた。先生は関西でお店や施設、学校を運営されているとか。 この先生は本業があるために1ヶ月くらいいて戻られた。 北海道の施設やレストランは別の調理師さんが雇…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

執筆依頼?

先日短歌の会に行ったときのことです。 地方紙というよりも地域紙のような新聞に月に2回のエッセイを、一年間書いてくれる人を探しているので、アールグレイさんを推薦したんだけど・・・ Sさんの言葉に、一年間は無理!と答えながら、魅力も感じました。 支局の人に読んでもらってから決めるので送ってと言われ、迷いながらも、以前本に載…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

姉から届いた「春」

広島の姉から届いた荷を開けたら、”春”飛び出した。北海道は冷凍庫の中にいるみたいなのに・・・24日の25センチの降雪は、今期一番の量。 花が咲いている菜花、ふきのとう、キャベツ、まっ赤なラディシュ、カリフラワー、2種類のみかん、パンの切れ端のラスク・・・尾道の直売所で買ったそうな。それに姉の畑でとれた白菜、水菜。私の”好物”感…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

子供の写真入り年賀状

☆これは10年くらい前に投稿し、本に載ったものです。  年賀状に、1歳4ヶ月の子供の写真を使うと、うれしそうに姪が言います。私は不用意に「子供がほしくてできない人には、赤ちゃんの年賀状はつらいと、新聞で読んだことがあるよ。友達にそういう人いないの?」と聞いてしまいました。  幸せな気持ちに水を差された姪は「いるよ。でもね、世…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「のだめカンタービレ」を熱く語る姪のSちゃん

姪のSちゃんが、「のだめカンタービレ」と「ビリー・・・」のDVDを送ってくれた。 Sちゃんは、「のだめカンタービレ」をみて、クラッシックにはまったとのこと。コンサートにまで行くようになったらしい。泣けるそう。 メールで熱く語ってくれた・・・ 「『のだめ・・・』を知らずにドイツに行くと、おばちゃんが損するような気がするの…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

短歌会の新年会

お寿司屋さんで新年会。 今日は一首だけ。 Yさんはご主人の具合が悪いとかで欠席。 Hさんの作品が新年らしくていいねと・・・   寒風の中を悠然と躬を任せて飛ぶ1羽の鳶。その姿は新年を舞っているよう・・・・ Sさんは・・・   ある方から、「昭和万葉集」をいただいたそう。82歳の方で、閻魔大王から「そんなも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハワイ土産

次男夫婦が新婚旅行から帰ってきた。 お土産を持ってきてくれた。 オアフ島の地図。 航空券とホテルだけで、あとはオプションに参加したり、自分たちでメニューを考えたとか。何もかもお任せのツアーでない分、”自分たちの旅行”を楽しんできたようです。好みの朝食を頼めただけでもうれしかったとサララちゃん。お互いがいたので心…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

お姉ちゃん可愛いね!

去年の秋、サララちゃんが、結婚式に使いたいので写真を貸してほしいと言ってきた。 この写真を見て  「お姉ちゃん可愛いね!」 お兄ちゃんの仲良し子供館に一緒について行った時の一枚。 ホント、可愛い!! (親ばか) 白いトレーナーはいとこ(男の子)のお下がり、赤いニットのパンツは3番目の義姉が買ってくれたも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more