テーマ:旅行

女子旅?は姦し・・・

ホントは婆旅だけど・・・ 一度、「女子旅」なぁんて、言ってみたかった・・・ 3年前から定山渓へ。 友達が、勤め先にクィーンを聴いている人がいると、嬉しそうに話してくれたのは何年前のことだろう? クィーンに反応するとすぐに親しくなり、紹介してくれた。 「欧米かぶれ」がキーワードで、垣根が低く、すぐに打ち解けた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

晴れ女?とメロン食べ放題ランチを・・・

関東から関西、中国、四国へと、歴史にない進路をとる台風12号。 連日、過剰なくらいの注意を呼びかけていた。 29日、台風が向かうはずの、広島の姉が来ることになっていたので、飛行機が飛べないのではないかと心配だった。 飛べなかったら、8月の後半に4連休があるから、そのときに来るという話までしていた。 ナント、5時半…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘境のような姉の郷

今まで行ったのは秋が多く、5月に行ったのは初めて。 広島空港に降り立つと、蒸し暑い。 26度くらいだったような・・・ 姪の出迎えで、フライト道路を通り、1時間後には姉の家へ。 大木2本は生きた化石という、メタセコイア。お向かいの木。 4年ぶりに見る家の周りの桜が、倍くらいも大木になっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふぅ~やっと、とれた!

アナログ人間だ!! 広島までの格安チケットをとろうとしたが、手順が悪かった。 義姉をともない3人でで行くのだけれど、広島が梅雨時期だったらイヤだし、夫と私の出勤日のこともある。 それらのことを絞らないでネットで格安料金をさがした。 高齢の義姉も一緒なので直行便を。直行便はANAとJALだけ。 早く着くJAL…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3人寄れば社会に?

27、28日と、今年も3人で定山渓に1泊。 ブルキニは持たなかったけれど・・・ 地下鉄真駒内駅に、友達がSさんと一緒に車で迎えに来てくれた。 去年と同じように、ココスで、メッチャお喋り! Yの家でカーポートを造ったら、屋根の雨水が隣の敷地に流れると、80歳のオバチャンが、ナント、札幌市の?課に相談したという。…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

G7の開催地タオルミーナ

G7サミットが開かれていたシチリアのタオルミーナ。 2000年の1月に行ったのが最初で、3回訪れたことがある。 このときの印象が強く、北イタリアを加え4回行った。 「南イタリアとシチリアの旅」 一緒に行った職場の友達は、おとぎの国のような南イタリアのアルベロベッロが見たいと言い、私はなぜかシチリアに惹かれた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おばちゃん3人  ”ブルキニ”持参

3人で定山渓へ。15日は10度にもなるが、16日は3度の予報。 地下鉄真駒内駅まで友達が迎えに来てくれた。 おしゃべりが主なので、3人の大きな笑い声を気にしなくてもいいように、お昼はココスへ。 9月10,11日以来の再会に、車中から既に話が止まることがなかった。 部屋にあった疲れそうなほど立派な椅子。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

おばちゃん3人番屋の宿に泊まる 2 ニトリ小樽芸術村

今年小樽にオープンした「ニトリ美術館」へ。 ニトリ家具の、美術館。小樽市色内1丁目2-17 「カンタベリー物語」 14世紀にイギリスの詩人ジェフリー・チョーサーが書いた物語をもとに製作された。 貴族や聖職者、農民、職人などさまざまな階層の人々がカンタベリー大聖堂へ巡礼に向かう様子が描かれ「彼らはイングランドの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おばちゃん3人番屋の宿に泊まる 1

友達と3人で、10日11日と余市に行ってきた。 4月に出会ったSさんの紹介で、「BB茶話」に泊まる。 番屋の梁や柱を生かした、すごく天井の高い家。 玄関を入ったとたん、天井の高さに圧倒され開放感に浸った。 朝ドラ「マッサン」に出てきた番屋風かな?(朝ドラは時々しかみないので、はっきりはわからない) ご夫婦で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

積丹の夜明け

積丹の朝陽 モネの絵のよう・・・・ (腕とカメラがよければネ!!) 曇っていたので、海面の直ぐ上にあった雲に隠れた。 29日に来た姉と義姉を伴って、積丹へ。 1~2日の一泊旅行。 行った日は天気が良かった。 途中仁木に寄り、サクランボとトマトを買った。 翌日からサクランボ狩りがオー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

南イタリア アルベロベッロ

世界遺産(TBS)から。 400年前の住宅群がそのまま残っている。 南イタリアのアルベロベッロ。 アルベロベッロには2000年と2004年に訪れている。 イタリア人の男性と結婚した、日本人の奥さんがいたっけ・・・・ヨーコさん。 ツアーの数時間の見学では、表面的なところしかみていない。 それでも「おとぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダークツーリズム

朝刊より      砂浜に急造 出番なく終戦   トーチカ 広尾郡大樹町(襟裳岬の右側)の旭浜。 砂浜を見渡すと、朽ちかけた巨大なコンクリートの構造物が八つ、200メートルほどの間隔でほぼ同一線上に並んでいるのに気づいた。終戦の前年に作られた旧日本軍のトーチカ(防御陣地)だ。 トーチカはロシア語で「点」を意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虎杖浜温泉

11月1~2日。ホテルいずみ。 太平洋が見える部屋・・・波が穏やかだった。 残念ながらお日さまは山側に沈んでいき、部屋からはかすかにしか見えなかった。 一番感動したのは、とろっとしたお湯。 特に露天風呂のお湯の温度がちょうどよかった。 部屋からはパークゴルフを楽しんでいる人たちが見えた。 北海道の地名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姉と義姉とポロトコタンへ

10月30~11月4日まで、広島の姉が来ていた。 姉と義姉を誘って虎杖浜温泉へ。 好天に恵まれ、「私は晴れ女だから」といつも自慢をする姉。たしかに晴れるけれど・・・ ウトナイ湖で白鳥やマガン?が羽を休めていた。 白老のポロトコタンに寄る。 アイヌの子守唄やピリカなど数曲を聴く。 タイからのツアーには、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本で一番魅力的なまち

昨日の朝刊より 全国で最も魅力的なまちに、函館市が2年連続で1位に選ばれた。 「ブランド総合研究所(東京)」が実施した。 函館市は2009年にも1位となり、今回は3度目。 札幌市(2位)や小樽市(5位)、富良野市(7)もトップ10に入り、都道府県別でも北海道は7年連続の1位となり、北海道の人気が際立つ。 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孫たちと定山渓ビューホテルへ

6,7日と、息子たちと待ち合わせ、札幌の奥座敷といわれた定山渓へ。 孫たちが遊べるラグーンがあるビューホテルへ行ってきた。 リッチな温水プール付きと言ったほうがいいかな? 着いたら4人は水着に着替えてラグーンへ。 私達は部屋でゴルフをみる。ファンの川村昌弘くんが2位だったから、逆転も有…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

テレビで当たった! 十勝川温泉 豊洲亭へ

8月28,29日と、音更町にある十勝川温泉に行ってきた。 4月に、テレビで当たったものだ。 千歳から高速に乗る。金曜日でも車は少なく、貸切のようだ。 トマムのツインタワーを左に見て、この曇り具合だったら雲海を見られたかもしれないと思った。 http://hatigatunokujira.at.webry.in…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

吹雪の中 函館へ 2

2日目も3日目も横殴りの雪。 ときどき穏やかになったり・・・ 旧イギリス領事館 アーリーアメリカン風?? 石川啄木の記念碑   潮かおる北の浜辺の砂山の       かの浜薔薇よ今年も咲けるや  1958年 本郷新 作 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

吹雪の中 函館へ 1

3月10日~12日。 予約した時から、コートは冬物でいいだろうか、買ったばかりの深い緑のトレンチコートにしようか・・・ 10日に家を出るときは、アスファルトが見えていた。     (ホテルの近くにフキノトウ) 南千歳で8時に乗り、札幌からの友達と落ち合う。 (細かいことをいうようですが、南千歳からのチケットにしたら…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

40キロの荷をたずさえて

先月29日に、40キロの荷を持って姉が来た。 広島空港でスーツケースを預けようとしたら2500円。1キロ減らしたら1500円だといわれ、その分は手荷物に入れなおしたそうな。 姉の家の山で採ったマツタケ。42本も採れたそう。 道産子にはなじみが薄く、姉の期待ほどには盛り上がりが今一。 姉がご飯にしてくれた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明治の造り酒屋 小林酒造 (栗山町)

老舗の造り酒屋の公開を、新聞で知ったのは7月だったろうか。 いつか行こうと思っていた。電話予約が必要と書いてあったので、予約をして行く。 30~40分ほどで着いた。 夕張川を渡ったらレンガ造りの建物群が、群といっても多くはないけれど、見えた。 新聞の記事より拝借。 道内有数の老舗造り酒屋、小林酒造(栗山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポーランド  番外編 

日本美術・技術センター マンガ館。 クラクフのヴァベル城の横を流れるヴィスワ川の対岸にあった。 真ん中の建物。 壁に何か描かれていたが、遠くて何かわからなかった。 コンニチハ! ポズナンとワルシャワで小学生たちから「コンニチハ」と声をかけられた。中国人や韓国人に間違えらること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポーランド  エピローグ

海外旅行をやめるまでにはポーランドに行かなくちゃと、いつの頃からか思っていた。 日本からの直行便がないことなど、まったく知らなかった。 ワルシャワ蜂起ということだって、その現実は知らないし・・・・ やっぱり、アウシュビッツをみようと思ったのかもしれない・・・ 北海道みたいに平地が続いていた。ジャガイモの生産量…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポーランド 11 ワルシャワ 歴史地区 

旧王宮前の広場 キューリー婦人博物館 帰る日の朝10時に行ってみたけれど、開館前だったので見られなかった。 ソルボンヌ大学で物理学を学ぶ。1903年ノーベル物理学賞。19011年化学賞を受賞。 旧市街の中心にある広場。 オープンカフェや露天商が並んでいる。300年以上の歴史があるレス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポーランド 10 ワルシャワ

ポーランドの首都ワルシャワは、1596年にクラクフから遷都されて以来発展を遂げ、「北のパリ」と呼ばれたこともある洗練された美しい街だった。 しかし第二次世界大戦末期の1944年、ドイツ占領軍に対して市民が一斉蜂起したことによって、20万人以上もの人々が犠牲となり、ほとんどの建造物が跡形もなく破壊された。 旧市街に広がる一見古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポーランド 9 ビルケナウ (第2アウシュビッツ)

アウシュビッツからバスで10分ほどのところにある。 「白い巨塔」のリメイク版で、唐沢寿明と黒木瞳だったか・・・が訪れたシーンがあった。 どういう意味でアウシュビッツを訪れたのだろうか・・・ 地球の歩き方より拝借 アウシュビッツから2キロほど離れたところに、さらに広大な強制収容所があった。敷地面積は1.4k㎡、30…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ポーランド 8 アウシュビッツ (オシフィエンチム)

「働けば自由になる」 Bの文字が逆さまなのは、せめてもの抵抗だとか・・・ 地球の歩き方より拝借 (囚人という表現が気になる・・・) 第二次世界大戦中、ナチス・ドイツ占領下の土地からはユダヤ人、ポーランド人、ロマ、共産主義者、反ナチス活動家、同性愛者などが捕らえられ、各地に設けられた強制収容所へ送られた。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ポーランド 7 クラクフ歴史地区 ヴァベェル城と大聖堂

クラクフがポーランド王国の首都として栄えた時代は、王国の全盛期と重なる。1386年から1572年まで続いたヤギェウォ王朝の時代である。 当時のクラクフは、神聖ローマ帝国の一部であるボヘミアのプラハ、オーストリアのウィーンと並ぶ中央ヨーロッパの文化の中心であった。 旧市街の南、ヴィスワ河半の丘に華麗な姿を見せるヴァヴェル城には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月3日 北海道の記録的猛暑

フェーン現象とやらで、暑い! 観測史上最高のところも、6月の新記録もある。 音更町    37.8度  14:04分 美幌     37.2度   12:52 北見市    37.2度   13:09 置戸境野  37度    14:33 遠軽     36.9度   13:02 津別     …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ポーランド 6 ヴィエリチカ岩塩坑

チェンストホーヴァから135キロ2時間。 深さ300メートルの岩塩坑山入場。 その前に入り口でソフトクリームが売られており、何人かの人が食べていた。 巻きの強さが面白い! (甘いものが苦手なので・・・・) きれいな人。ネイルはポーランドに敬意を払い、ポーランド風にしてきたそうな。 地下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more