テーマ:

チコリの花

集合住宅の道路に面した空き地に花を植え続けている、花友がいる。 初夏から秋まで楽しませてくれる。 そこに咲いていたチコリの花が今年は増えたらしく、4箇所で咲いていた。 花友にお願いしてチコリの花の苗をいただいた。零れ種で増えたとか。 3箇所に分けて植えた。 過日載せた厚葉君が代蘭もこの方からいた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厚葉君が代蘭

12年に、花友からいただいた。      ユリ目 リュウゼツラン科 キミガヨラン属 学名  ユッカ 今年はじめて咲いた。寒冷地でも育つ。特に何もしていない。 ウエルカムフラワー ゼラニューム  カリエンテ  太陽を浴び急に大きくなった。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

例会

                                      新聞に一首 冷夏にてまだ来ぬ夏のミニトマト青きままなり未完成の赤  (H・A) この街がお気に入りなの?サッポロの空とぶ鴎今日も一羽で  (Y・E) 総身を針で覆へる薊の原われもゆずれぬ改憲・年金・消費税  (S・T) 会館の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐呂間町で39.5度!

暑かった! 佐呂間   39.5度   5月の全国の最高気温だとか。 足寄  池田   帯広   湧別  38.8度 私の町は27度くらい。 清水町の36歳の男性がゴルフ中に倒れ、搬送先で亡くなったという。 夕方散歩をしてきたら、雉を見た! 草に紛れてよく撮れなかった。 今まで3度見たこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春は喘ぎながらに・・・

今年は雪が少なく、春が早いと期待していた。 アスファルトが見え始めると、その思いを強くしていた。 夏靴に変え、コートも合いものに変えた。 ところが・・・そう簡単には春にしてくれない。 淡雪ならすぐに消えるのだけど、気温が低くて雪が減らない。 0度のなか、今年初めてのウオーキングをした。 寒かったけれど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花の冬支度 彼岸花と酔芙蓉とチコリ

まだ雪は降らないが、寒くなったら鉢上げした根がつきにくいと思うので。 持ち物を減らしているが、花も減らしている。 まったくないのも寂しいし、いただき物もある。 後片付けが年々億劫になってきた。 ・・・・ 去年、酔芙蓉を気合を入れて冬越しさせたと思ったが・・・ https://hatigatunokuj…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やっとわかった!カマシア・クシキーという名前

いつどこからやって来たのか思い出せない・・・ 花畑で、水仙よりも少し広めの葉っぱを見つけたのはいつだったか、はっきりは思い出せない。 3年前、成長して初めて1本咲いた。 http://hatigatunokujira.at.webry.info/201506/article_2.html ずっと名前を知りたかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちいさ~な楽しみ!

北海道にも花の季節がやってきた。 密かな楽しみがある。 去年の春先、鉢に植えたビオラやパンジーその他を家の前に置いた。 そして、花が終わったら地面におろした。 雪が解け、そのこぼれ種の芽が出るのを待っていた。 約束どおり?芽が出たので鉢に植えた。 芽が出るのを待っている、そんな時が楽しい。      …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

赤花マンサク

姉からの荷の中に、赤花のマンサクが入っていた。 広島のやや山沿いの自宅の庭に、今咲いているという。 せめて枝の切り口を水気のもので被ってほしかった~ 水にさしたら、少し元気が出てきた。 北陸や日本海側の大雪が連日ニュースになっていた。 わが町は去年に続き、今年も雪が少ない。 除雪が楽だった。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アネモネの咲くを見たりき・・・

結社の歌集の表紙が1月号から変わった。 会の方が、絵のお仲間と楽しみながら描いた・・・というアネモネ。 トルコにて野や道端にアネモネの咲くを見たりき花林誌にも咲く 直される前は トルコにて野や道端にアネモネの咲き乱れたり”花林”にも咲く ホントに咲き乱れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボンボリトウヒレンという花

以前テレビでみて以来、ずっと気になっていた。 この頃、少数民族や山岳民族のドキュメントをみることが多く、確かめたくなった。 テレビの画面から、TBSの『世界遺産』でみたものだった。 ネットで調べたら、インド1988年登録。 「ナンダ・デヴ国立公園及び花の谷国立公園」 テレビでみたときは、選ばれた男性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道にも咲いた酔芙蓉と彼岸花

10月9日は私の酔芙蓉記念日! 寒さに弱いとネットで読んだとおり、北海道では外では冬越しできないと思う。 北大植物園の温室では見たことがない。 百合が原公園の温室ではどうだろう? 気温の低い朝には蕾にポリ袋をかけて過保護にした。 そして9日に咲いた。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

前にしか進めぬトンボ・・・

8月の短歌欄に、常連の方の歌が載っていた。 お名前からして若い女性だと思う。 ☆前にしか進めぬトンボのブローチを心臓辺りにつけて生きてく 馬場あき子さんの評は、「ダルな気分の夏の午後か。自ら心を鼓舞する思い。」とある。 トンボが前にしか進めないとは知らなかった。    前にしか進めぬというトンボたちこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待ち焦がれた・・・つぼみをつけた酔芙蓉

9月18日 台風18号が北海道に上陸し、猛威をふるうという予報に恐れていた。 午後になったら時々日が射してきた・・・道南や道東では床上浸水の地域もある。 裏のご主人によると、この辺りより低い地域に流れるので、浸水の心配はないだろうと。 車で橋を渡っていたら、川の増水状況を見に来ている人が数人いた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春蝉の声を読経と・・・・

春蝉の声を読経と聞く人の心に触れて夏の哀しき 春蝉はホントは蝦夷春蝉のこと。 郊外だと、「うるさい!静かにしてよ!」と思うほど騒々しく鳴く。 あ~初夏だな~と季節感を味わうよりも蝉の声を、42歳のときに配偶者を亡くされた先輩Sさんが、「読経」と詠んでいた。 蝉の声を読経と聞く人がいることに感動した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初夏を告ぐ歌をうたいて・・・

初夏を告ぐ歌をうたいてアカシアの房は揺れたりアウシュビッツにも まだ街のアカシアを見ていない・・・ 私がアカシアと見ているのは白花のニセアカシア。 兄の家にはピンクのアカシアがあった。 たしか・・・大きくなり切ったような・・・ 花房は食べられるとか。 (2年前の6月10日のアカシア) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭の花たち

今では兄の形見となった熊谷草。 20本にも増えたのに、今は9本。                                               貝母(バイモ、編み笠百合)   ユキザサ(雪笹)                   …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

さすが!エリカさま

過日「踊るさんま御殿」に沢尻エリカが出ていた。 「別に」の無愛想な態度が、強力にインプットされている。 そして、先を考えず?に捨て身のような一言を言える無謀さと強さも忘れられない。 で、「踊るさんま御殿」での話。 ネットに「死ねばいいのに」と書かれても全く気にならないという。 そして、「お前が死ねよ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

姪の手作り柚餅子

2月に来たとき、姪からもらった柑橘系の中に紛れ込んでいた柚餅子。 見かけがお手製風だったけど、市販のものよりも甘すぎず、好みの味だった。 その旨を伝えると、昨日(22日)送ってくれた。 やっぱり美味しい! 孫たちも来ていたので、サララちゃんにもおすそ分け。 レシピを聞いたら、クックパッドにあるという。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『ターシャ・テューダー 静かな水の物語』

18日キノで。 15日公開で雨降りだからすいているかと思って行ったら・・・前の2列くらいが空いていただけだった。 お隣の女性と、同じような感想を話した。 ターシャ・テューダは人気があるのね~ 男性も少しいた。 バーモント州の小さな町で、自給自足のスローライフを実践して生きた強い芯のある女性だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お彼岸は雪の中

例年のことだけれど、札幌近郊ではまだ雪が多く残っている。 お彼岸の墓地は雪の中。 実家の墓は、若いとき、札幌の兄たちが来るときには前日に墓地へ行き、歩けるように掘っておいた。 だんだん年を重ねたら負担になってきて、ゴールデンウイークに参ることにした。 今年は雪が少なく思え、かなり減っていると想像して行ったら、多い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海老とアボカドのペストジェノベーゼを食べながら

昨日ココスで友達とお喋り。 (広告の写真のような大きな海老は入っていなかった) なんと6時間も・・・年に1度だから・・・ 11歳も若い友人だ。 年齢をこえて・・・と思っているのは年上の私だけ? 友達はとても色っぽい。その色っぽさと同じくらい心が清潔だ。 老いたご両親のことや職場でのこと、息子さんの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思惑を波は知らずも・・・・

  思惑を波は知らずも四艘のボート揺らせり地図の上にて これでは何のことかわからないと、先生。 「地図の上にて」を「五輪候補地」ではどうでしょうかと言うと、それならO・K・・・ 新聞やニュースをみている人なら・・・と知らず知らずのうちに思っていたのでしょう。 ずいぶん昔に、「説明が半分でいいのが友達」と、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

片恋の人も・・・

結社の代表が亡くなり、皆さんで読んで下さいといただいてきた。 もう一つの会の皆さんへと、預かってきた。 会も人も老いてきたな~ 旧かなで詠まれている方が、「ゐ」を「い」と書かれていて直された。 二首ともだった・・・・ 片恋の人も白髪の混じりしか陽が星を隠す刹那によぎる …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道に「天界の花」が咲いた~

彼岸花が今年も咲いた! 今年は3本になった。 札幌の友達や短歌の皆さんにもプレゼントしたけれど、咲いたと言う人はいない。 たぶん私の執念ね。 日に当たった石で保温できそうだからと、犬走りに植え替えたのが良かったのかも? 友達が、サンスクリット語で「天界の花」と教えてくれた。 「曼珠沙華」という呼び…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

捨て印のごとき笑顔を

今年の花林賞は該当作はなく、「はまなす賞」は、歌暦3年の女性でした。 才能があったのでしょうね。 出合ってすぐに短歌に恋をして、今は虜になったとある。 『果たせぬ夢』 二十首 国後への望郷の思いと、その思いを抱いて生きてきた七十年を詠まれている・・・   命懸け国後逃れて手に残るわが温泉の染め抜きタオル …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北欧の街並み スウェーデンヒルズ (当別町)

昨日はこの秋最低気温の5.1度。朱鞠内では1.4度。 新聞より JR石狩太美駅から北に向かう長い直線道路は、やがて緩やかな上り坂になる。丘の上には、北欧の風景が広がっていた。 「スウェーデンヒルズ」は東京ドーム64個分、約3平方キロの広さがある。緑の芝生と木立に囲まれ、1戸建ての住宅がほどよい感覚で並ぶ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

・・・やっぱり・・・

昨日歌会で。 先輩のYさんは3年前から、隣町の郊外にある介護施設に入居していた。 まだ七十代後半だったのに、年をとると決心が鈍るといい、長いお付き合いの先生や他の先輩に相談もせずに決めたらしい。「娘がほっとしていると思うよ」と言っていた。 施設にお邪魔したことがあるが、新しくてきれいだった。娯楽設備も充実していて、広さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感銘歌をえらぶ

北海道では、特に道東方面では、台風で床上浸水の被害に見舞われた。 さらに今日も追い討ちをかける予報だ。 北見市・常呂町の入植3代目の男性が、「これだけの水害は、先代から伝え聞いている大正時代の洪水以来」と話された。                     昨日の散歩道から 結社から、感銘歌を十…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目を覚ましてあげるっ!!

パート先でのちいさ~なことです。 パート先のシフト表はTさんと私とで1か月交代で作っている。 Tさんは、9月は30日だから一日少なくなる。アールさんやSさんを一日少なくしなければならない・・・どうしようと悩んでいる。 もともとTさんが一番多く、次は私。 Sさんは「少なければ少ないほどいいですっ!」と、面接のときか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more