アールグレイはいかが?

アクセスカウンタ

zoom RSS 北海道にも梅雨が?

<<   作成日時 : 2018/07/05 18:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像梅雨がないといわれる北海道にも、昔から蝦夷梅雨というのがあった。

6月の中旬から下旬にかけ、肌寒かったり雨の日が続いたりした。

北海道は広いので、私が住む札幌近郊のことでしか言えないけれど・・・

ここ数年はそれすらもあまりなく、温暖化から、北海道の梅雨は消滅したのかと思っていた。

初夏の期間が長くなったようで嬉しかった。


画像ところが、今年は例年になく長い。6月から7月にかけ、雨が降ったり気温が低い。

夕方の7時少し前、外は10度しかない。


雨竜・石狩川で氾濫。旭川市で住宅街が冠水した。

天人峡温泉では130人が孤立しているとか。






画像今朝は我が家の庭も水が溜まっている。

芝生だけではなく、花畑の中まで水が溜まったのは初めてのことだ。

一昨年の富良野の辺りも、ジャガイモがダメになりポテトチップスが足りないと話題になった。

それを教訓にして整備された堤防(?)が、想定を超える雨量で決壊した。

我が家の近くに川があるが、溢れるとは思っていない。

暢気かな〜



今日はセガサミーカップ予選の1日目だったが、雨のため中止になった。

せっかく遼くんに会えると思っていたのに、残念。

丸山茂樹の長男、丸山奨王(しょうおう)がアマチュアで推薦で参加するそうな。

明日は行くぞ!


画像ノンキついでに、雨の日は朝からグレープゼリーを作った。

結社に送る歌九首を清書してポストへ。

たった九首を清書するだけなのに、送り仮名不足と言葉不足で二度も書き直した。









画像  目盛りかすみぬ
 
心底を掬いて歌う詠み人の伏流水の湛えてあらん

近づいて傷負い離れて寂しきよ老いて物指しの目盛りかすみぬ

亡き友の庭のギレニア株分けのころより増えて白花揺れる

この国はいつから狂いし結愛(ゆあ)ちゃんの「ゆるしてください」突き刺さりしまま



画像誰からも庇われなくて結愛(ゆあ)ちゃん逝く怖いのは傍観者と映画で

ひと駅を笑いつづける娘らの声蝦夷梅雨の空晴れ間呼びたり

薄衣のごとき花びらカマシアに和名つけたき紫の上

蒲公英の茎を千切りて吹く笛の昭和の半ば母在りしころ

久々の姉住む里に木々育ち山陰のびて五位鷺の舞う


画像夕食はイカ飯。

イカは不漁で高い。

火が通りやすいので小さいイカでがまん。








6日

遼くんには会えなかったけれど、川村君には拍手を送ると、会釈を返してくれた。

3人会

Tさんの95歳のお母さんは、余命3ヶ月と2度言われたそうだが、普通食を食べ、持ち直しているとのこと。
口から食べられるというのはすごいと言っていた。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北海道にも梅雨が? アールグレイはいかが?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる