華流ドラマにはまる

2013年に何気なく目にとまり、予想外におもしろかった。

「宮廷の諍い女」

大奥のような物語。

https://hatigatunokujira.at.webry.info/201309/article_22.html


去年、これもBSで偶然に目に止まり、途中からだったけど見続けた。

「花と将軍」

恋愛ファンタジーとCG。

男女逆転した存在から、信頼しあう関係に。


「麗王別姫」

唐の時代の実話。

大奥と君の名は?とファンタジーとCGの世界。

伏線を明かすのが単純だけど、おもしろい。

登場人物が多いけれど、日本の時代劇よりはわかりやすい。

衣装がステキ!

チャン・イーモー監督のドリームスタッフが制作?

(アカデミー賞の映画祭に出品しようとした天安門時代の作品が公開されなかった・・・)

大河ドラマのようだ。

いや・・・展開が単純で、少女ドラマのようにも思える・・・。


3作品の主役の女性たちが、深い考えを持つ才女だったり武芸に秀でていたりと魅力的。

ドラマの中では、皇帝にすら意見を述べるほどの才女。

「唐随一の才女であるぞ」と言い切る玄宗皇帝の孫で、夫の李俶(りしゅく)。

罠にはめられ何度も揺れながら、李俶に全幅の信頼を寄せてゆく。

恋敵も出てきて・・・・男女であるけれど、人間として尊重し合うところが魅力。

ハリウッド映画にも出ているという沈珍珠(真珠の意味)役のジン・ティエンは、品もありきれい!

歴史に疎いので、聞いたことのある玄宗皇帝とか楊貴妃がでてくると、うれしくなる。55歳と21歳の歳の差だったとか・・・

玄宗皇帝を惑わした傾国の美女として有名だけれど・・・


BSの「中国王朝英雄の伝説」再放送にもその名が出てきて・・・中国の歴史は深いことをあらためて知らされる。

遣唐使も訪れただろうとか・・・

漢の国の文字「漢字」をいただき、日本の文化をより広く国内に、下々の人たちにも広められたのでしょうか?


26日からは「ミーユエ」が始まった。

ヒロインは「宮廷の諍い女」のヒロインだったスン・リーさんが演ずるとのこと。



どのドラマも見た目のセットは豪華。

セットばかりでなく、広大な中国の実際の地なのかもしれない。

CGは好まないけれど、「花と将軍」と「麗王別姫」はま、いいか・・・と寛大になれる。


2012年に訪れた上海と杭州で見た野外劇や湖の光景

画像


画像





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック