6月の例会

画像5月は休んだので今日は新鮮だった!

先生は3ヶ月ぶりに出席された。

新聞に

友の住む余市の海の音を聴く赤むらさきにワインはゆれて

震災を受けし田の面に菜を育て明日の稲穂のそよぐを願ふ

蕗剥きし吾の爪シックと笑う娘はネイルアートに星や花のせ

時満ちてタンポポ緑の衣解き白き密なる綿毛の美しき

声もたぬ蝶々なればひらひらと舞ひゆく姿に心伝へむ

公園の花の吹雪を手に掬い口とがらす児の飛ばす仕草よ

漢の国より伝わりし文字ありて万葉集より令和明けたり

京蕗の茹でしさみどり匂ひ立ち味噌漬けにして友に届けむ

宿病とも言ふべきものを躯に抱へ癒しのごとく紡ぐ言の葉

水槽にふれなばすこし揺らぐのみの身の透く魚とわれの夕ぐれ



画像ほとんど全員が話すようになり、活気が出てきた。


上の写真は、おきな草の咲いたあと。


トマト。ミニだと思うけれど・・・



蝶々に声がないとは思ってもみなかった・・・

Yさんの感性が好き!



アマゾンにお坊さん予約義姉好む白百合供えバリトン響く


5月の法要で、お坊さんをアマゾンから探したという姪に、2019年上半期1番の衝撃を受けた。

まさかアマゾンでお坊さんまで調達できるとは、針の先ほども思っていなかった。

だから、知ってほしい思いもあって、詠んだ。



サークルの皆さんは、アマゾンという単語に、南アメリカのアマゾン川しか浮かばないとおっしゃる。

平均年齢は70台半ば。

そうかもしれない・・・・

でも、新しく知ることも短歌の喜びではないかと思い、これは譲れないとお断りした。


2人のSさんが何度も聞き返していた。耳が遠くなってきたのでしょう・・・





この記事へのコメント

2019年06月18日 10:13
例会に沢山の歌を披露されて、頑張っておられますね。
アマゾンを川と発する世代かかな!(^^)!
アールグレイ
2019年06月19日 06:02
おはようございます。
・・・アマゾンという単語にアマゾン川しか浮かばないかもしれませんが、川に予約するとは思えないでしょうから、アマゾンて何だろう?と疑問がわくと思うのですが・・・国と同様に高齢化が進み、あと5年くらいしかもたないかもね、と話しております。

この記事へのトラックバック