母の命日&例会

50年前の水曜日、週に1度の残業の日で、家に着いたのは10時少し前だった。

門灯に照らされた忌中の二文字を受け入れるまで、どのくらいの時間立っていたか・・・

あの日のことが動画のように浮かぶ。

一生分の涙を使い果たすほど泣いた。友達から「あんなに苦しそうに泣く人を初めて見た」と言われた。

お父さん子だった友達が父親を亡くした時、私の気持ちがわかったという。


s-P1560416a.jpg先生はお休み。

先月退会のHさんがお菓子を持ってきてくださる。

毎日横になっていることが多いという。

珍しくSさんが遅刻。違うバスに乗り、行過ぎて迷ったそう。

Fさんも遅れてきた。

☆「天皇陛下即位を祝う短歌募集」の記事のコピーをいただいた。

既にSさんは投稿されたそうな。天皇陛下が目を通してくださるからと。

私からは「郵貯財団の募集要項」を。

初めて出した時1万円の図書カードが、2度目には5000円の図書カードがあたり、姪の子や孫にプレゼント。私は現実的だね!

昨日はいつもになく意見が出され、活気があった。

SさんYさんが、スウェーデンの16歳のグレタさんのことを詠んでいた。


新聞に

「お旅からお戻りになる」と神様に敬語を使う神無月の姪 
☆結句を 敬語を使う姪 神無月  ではどうかとの声あり

村里を歩けば野仏両手でも足りぬ数あり姉の住む郷

無農薬の見目の良からぬ〈かぼす〉なるも出会いし味をまろやかにせし 

さんざめく群星見放(みさ)く九月尽清少納言の愛でし昴を 

娘と二人かつて住みたる室蘭を訪ね来たれり四十年(よそとせ)ぶりに

そよ風も幽き音さえ拒むごと池は紅蓮に鎮もるばかり

部屋中を幼のやうに追いてくる愛犬(トト)はいつしか十五となりぬ

たちまちに玉葱男と名づけられ韓の法相立ち位置ゆらぐ

五歳児が「勉強嫌い」と下を向く宣言しちゃえ「僕は反抗期だ!!」

歩くとふ易けき行為日課とし夕べは足裏懇ろに揉む

  紅蓮・・・紅い蓮(はす)
  
前回よりスマホ(グーグル)の出番が多かった。

この記事へのコメント

2019年10月09日 21:50