自分への投資はいくら?

友達のところには三線が一つ遊んでいる。

友達は絵心や音楽心があり、娘さんも習っていたし・・・習ってみたら?と誘い水を向けた。

「先生嫌いだから」と即答した。

嫌いな先生に無理して習うのも・・・と思ったが、札幌にはヤマハや河合音楽教室があり、フリーで教えていらっしゃる方もおいででしょう。

今はその気になれないのかもしれない。
s-P1560591.jpg

そういえば・・・

私は先生を好きかどうかで習い事先を決めたことは1度もない。

いつも決まって、通えるところにあるか、受講料が安いかどうか、で決めてきた。

私が社会人になって習った社交ダンスは、教会を借りていたせいか、モダンとラテンを合わせて1600円だったと記憶している。

40代には陶芸をかじってみた。粘土込みで2000円だったか・・・?(先生が絶えず話しかけてきて苦痛になり、土が固まるからと勝手に仕上げてしまうので、早めに辞めた)

子育てが終わりかけてきた頃、この先は自分育てをしなければと思い、文章教室へ。月に2回2600円。

文章教室で出会った27歳上の女性から「アンタは小説が書ける」と何度も背を押され、札幌の教室へ。月2800円。

5年通っても、原稿用紙20枚ほどの掌編1作しか書けなかった。
s-P1560595a.jpg

ご近所の方から短歌の会へのお誘いを2度受けたが、あまり興味がわかなかったので、お断りをした。

ところがまたお誘いを受け、断りきれずに「見学させて頂きます。もしできそうになかったらお断りしますけれどいいですか?」と言って、参加した。月1回500円。5年くらい過ぎたころ、同じ先生が町内でも教えておられたので、参加している。そこも500円。

今は短歌だけ。結社に年間12000円。合計24000円。

昨日結社の歌集が届いた。

送って2ヶ月を過ぎ、冷めた目でみたり他の皆さんと比べたら、箸にも棒にも引っかからない歌ばかりだった。

有名な結社に入ったところで、上達するとは思えないし・・・

先生や先輩から、「『太郎と花子』の方が作風が合っていると思うけれど、そちらへ行かないでね」と言われたことがある。


陶芸をしている友達は、札幌まで通っている。

すばらしく上手だ。私にはプロの作品に映る。賞も貰っている。絵もすばらしく上手!

海外旅行を15回したことは、豊かな投資だったかな?

BSでは海外のニュースやドキュメントなどの番組が多く?訪れた国々への思いを広げたり深めたりできる。

心豊かなひとときだ。

この記事へのコメント