笑いの沸点が低い?

s-P1570172a.jpg10日、岡井隆が亡くなった。

朝狩りにいまたつらしも 拠点いくつふかい朝から狩りいだすべく

群衆を狩れよ おもうにあかねさす夏野の朝の「群れ」に過ぎざれば

ムズカシイ・・・

これならわかる↓

肺尖(はいせん)にひとつ昼顔の花燃ゆと告げんとしつつたわむ言葉は



短歌界のトップと言われている。
s-s-P1570169a.jpg


友達のような姪は、明るく前向き、パワーがある。

エネルギーの補給に、時々会いに行く。

90歳になる兄のご機嫌伺いでもある。

兄は寄る年波にはあらがえず体調を崩し、ナーバスになったこともあるが、今は元気!

ジム?にも行き、囲碁を続けている。

お相手がいることもいいが、ナント、午後から夜の9時までも対局?してくるとか。

こんなに心身共にタフな90歳をほとんど知らない。

たくさんいる兄妹の中でも、前向きで視野が広く文学青年。努力を続けるところなど、自慢の兄。


姪と友達のYちゃんとで、お料理やデザートを作って迎えてくれた。

姪と話すと楽しくてホントによく笑う。

姪からは、「叔母ちゃんの笑いの沸点は低い」と言われているが、可笑しいことはおかしい!

何の話で大笑いしたのか思い出せない・・・

そういえば、中学時代から笑い上戸になったかも・・・

ナント姪の子のR君は家を出て一人暮らしをしているそう。

えらい!

姪は給料は安いのにと言いながら、寂しいともいう。

ホントの寂しさはこれからだよ。



s-P1570173.jpg姪から、服のプレゼントが。

ナント、若い時に買ったコートだという。

自分で言うのもナンですが、似合う!

サイズはピッタリ!

お古を喜んで着られるのは、自分では選ばないデザインを着て雰囲気を広げられるから。

新しいデザインの服にチャレンジできることが嬉しい!

そして、若々しくさっそうと着て歩きたい!

でもコロナが・・・

この記事へのコメント