なぜ私たちをターゲットに?新手のモンスター?

Aさんは元の先生の、師の、歌集を1冊全部コピーして届けてくれた。 その時、新講師と私が例会で話していると、置いてきぼりにされたみたいでイヤだと言った。 いつもハキハキしているが、けっこうきつい口調で。 なぜ?と疑問がわいたが言葉にならず、気をつけるわと答えた。 そのあと、Aさんは新講師へショートメールやら電話やら…
コメント:0

続きを読むread more

庭の花たち

白い桔梗と紫の桔梗を近くに植えたら、ミックスになった・・・ 友達に話したら、友達はそうなることを知っていた。 フリルのある朝顔 シャスターデージー オールドコート 花友からいただいた雨に打たれたバラ クレマチス まだまだあるけれど・・・ 端にはトマト、キュウリ、ピーマン、青紫蘇、…
コメント:0

続きを読むread more

半年ぶりの歌会

24日、二つ目の方の歌会をやっと開くことが出来た。 出席者は5人。籍を置いている方は2人。 謝礼が足りなくなりそうだ。 婆(バア)と呼ばれ「ハイ」と答へるわれなればひまごの笑顔に幸せもらふ コロナ禍で友にも会えぬ淋しさよ庭気を眺め風の音きく その昔「不幸の手紙」ありて今誹謗中傷ネットに踊る 帰り来て駅…
コメント:0

続きを読むread more

笑いの沸点が低い?

10日、岡井隆が亡くなった。 朝狩りにいまたつらしも 拠点いくつふかい朝から狩りいだすべく 群衆を狩れよ おもうにあかねさす夏野の朝の「群れ」に過ぎざれば ムズカシイ・・・ これならわかる↓ 肺尖(はいせん)にひとつ昼顔の花燃ゆと告げんとしつつたわむ言葉は 短歌界のトップと言われている。 …
コメント:0

続きを読むread more

7月の歌会

自主的に自粛というFさんと体調の関係か、Iさんが欠席。 新聞に 種のあることの珍しミニトマト味わいて食む夏の野菜よ 師に勝ちて階段のぼるそうた(藤井聡太)くん『出藍の誉れ』思い出させり 庭に溢(こぼ)るる芍薬たつぷり壺に活けほのかに香るを亡母にお披露め 生まれたよ「泣ける感動」とLINEあり七年目に父親(お…
コメント:0

続きを読むread more

可愛いお礼状

一昨日、パート先の方から男の子のお孫さんにマスクを作ってと頼まれた。 今すごい人気の「鬼滅の刃」の生地という、緑と黒の1センチほどのチェック。 6,70センチで700円もしたとか。 月曜から使いたいだろうと、昨日仕上げて届けた。 六花亭のお菓子とともにかわいいお礼状をいただいた。 笑ったのは、お礼状の紙が「…
コメント:3

続きを読むread more

メロンを買いに夕張へ 滝上公園

コロナは怖いが、九州の想像を超える水害も同じくらい怖い。 こんなにもひどい水害をテレビや新聞で以外見たことがない。 亡くなった方も増えている。 札幌へ行くには抵抗があるけれど、郊外に住む者が郊外へ行くのなら・・・ 昨日、月曜日のせいか、道道や国道は貸し切り状態でした。 滝上公園 短歌の吟行会で行ったの…
コメント:0

続きを読むread more

『男と女  人生最良の日々』

DVD 『男と女』を若いときに観て、これぞ大人のフランス映画!と思った。 ダバダバダ・・・というフランシスレイの音楽とともに忘れられない。 特にアヌーク・エーメの、日本にはいないような大人の女性らしさに驚いた。 最初の映画は1966年。 ラストシーンは余韻を残し、ハッピーエンドでないことにも洒落たフランス映…
コメント:2

続きを読むread more