ミーティング 歳をとってよかったと思うこと。

画像18日、会社の方が(勤務店に)来られた。

私が休みだった17日にも来られ、そのとき若いSさんがもう一人のTさんへの苦情を伝えたらしい。

それで、Sさんと私が出勤の昨日見えたということ。

Sさんの不満は溜まっていた。

時々は私にも話していたけれど、その度に言うと私に負担をかけると思い、言わないできたそうな。

仕事中に聞いた彼女の不満は、仕事ができないのにTさんから、あれこれうるさく言われることだとか・・・

・・・Tさんは神経症気味で細かい。というか説明が多い。1度聞いたらわかることをその都度話す。

・・・Tさんは洗うことに注ぐエネルギーが過多。そのため本来の仕事が遅れ、雑になり、終えるのも遅くなる。

そして仕事が遅いことに劣等感を持ち、その気持ちが、入ったばかりでもよく気がつき手早いSさんに余計な一言を発してしまうのだと思う。

いや・・・若いSさんは責める口調で言う人だ。最初は私もカチンときたが今は慣れた。Tさんもおもしろくない事があっただろう。

シフトのことで、してもらえなかったことばかり言うので、「日曜日を休みにしているでしょ。配慮してもらったことも言ってね」と言い返すと黙った。また同じようなことを言ったら、クレーマーみたいだねと言おう~っと。


Sさんの言葉の奥に、それだけではない苛立ちを感じ・・・

「もし、Tさんがうるさく言わなくなったなら、それでいいの?」

・・・・


障がいを抱えた二男君を小樽の学校へ入れたかったのだけど、その程度では入れられないと断られたとか。

少し話してくれた。そのことも重なり、一杯だという。

ご主人を亡くされ、女手一つで3人の子どもさんを育てている。

ご両親もなく、おじいちゃんおばあちゃんもいないそうだ。

頼る人がいないという。

気を張ってこられたのだろう。他人を「仕事もできないの」に、と言い切る。

手早くてよ~く気がつく。「いいお嫁さんだね~、昭和のお嫁さんだね~」と、ふだんも褒めている。何度も。

でも、「みんなが同じ能力があるわけではないのだから、人に求めるのなら、しないでね。不満にならない程度の仕事でいいですから」ときっぱり言ってある。

何回か言ったので、きっと受け止めてくれていると思う。




画像会社の男性も若く、30代後半と聞いている。

その方に向かい、「顔も見たくない」と・・・強い口調で話すSさん。

チョット?驚き「はっきり言うんですね~」と苦笑気味だった。

吐き出したほうがいいかなと思い、止めなかった。

会社の方も、「お喋りしながらしてもしてもいいですからね」とあらためて言われた。

仕事はゆるくとも、人間関係を良くしてと言ったのだ。


Tさんが時々ゾーンに入ったような目になることがあり、そのときのことは本人も忘れていると伝えた。

本人は自分の”癖”に気がついていないようだとも。ご家族はどうなんだろう?


彼女の”事情”を思い遣ったつもりで、受け止めようとしてきたが、愛情を込め?て伝えることもしなくちゃいけないような気になってきた。

ふだんは彼女の忘れていることを黙って補ってきたが、「忘れていたよ」とは言わずに、「補充しておいたからね~」と伝える。

決まって言い訳をする。

若い2人は、「ありがとう」「ごめんなさい」が言えない。


私も若いころには言えなかった。

今は米搗きバッタのように頭を下げられるし、ありがとうの大盤振る舞いもしている。

それができるようになったら、なんと軽やかなことよ。

歳をとってよかったと思う一番のことかな。


何より、SさんもTさんも好きだ!



1月24日記

会社のYさんが来られ、その後どうかと聞く。

Tさんにもう「言わなくとも・・・」と言ったからなのか、「変わった」とSさんが言っていたことを伝える。

「Sさんはきついことを言うけれど、とても温かい面もあるんですよ」と伝えた。



実は、忘れっぽいTさんは今朝も同じことを言ってはいた・・・

「仕事を始めたとき、何も教えてもらっていない」と言うので、「私も教えてもらっていないけれど、見て覚えたんだよ」と。

ず~~っと受身で生きるのだろうか。











"ミーティング 歳をとってよかったと思うこと。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント