テーマ:友達

アイヌネギとイヌサフラン

毎年、文字通り毎年、アイヌネギ(ギョウジャニンニクまたはキトビロ)とイヌサフラン(コルチカム)を間違えて食べ、亡くなる人がいる。 葉っぱは似ているけれど、アイヌネギは山野草で、イヌサフラン(コルチカム)は庭に咲くものかと思っていたけれど・・・野にも咲いているのだろうか? 我が家にも、両方を植えてある。 まだ植えた場所を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3人寄れば1分の沈黙もない 女子会 

昨日、友達と3人で・・・N旅館の個室ランチを楽しんだ。 予約の時間近くに着くと、ハーメルンの笛に釣られるように渋めの老女たちがゾロゾロ・・・・ 11時から3時まで2160円。持ち込みO・K。 友達の娘婿さんはフランス人。シェフ。 去年の忘年会の時にはロゼのワインを差し入れしてく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 『グリーンブック』

5日フロンティア。 アカデミー賞 作品賞・脚本賞・助演男優賞・受賞作品。 監督 ピーター・ファレリー 1962年 ニューヨークのナイトクラブで用心棒をしていたイタリア人のトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)は、店舗改装の2ヶ月間、黒人ピアニストのコンサートツアーの運転手に雇われた。 「神の域の技巧と絶賛さ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

胆振東部地震の余震?

昨夜9時22分、胆振中東部で震度6弱の地震があった。 震源地は去年と同じ、厚真、安平、鵡川町。 震度6弱。100戸くらいの家では断水とのこと。 去年の9月のドンと突き上げるようなのではなく、横に揺れた。 震度4だった。 地下鉄は運転見合わせで、タクシーを待つ列が映し出されていた。 例年なら最も寒い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 『はじめてのおもてなし』

DVD。 病院の医長らしき夫のハートマンは、高齢でも仕事を辞めようとはしない。 それどころか、頬にヒアルロンサンを注入して、若さを保とうとしていた。 妻は暇を持て余すかのように、バザーなどに積極的だ。夫の思い入れのある革ジャンまで出してしまう。 息子は離婚して男の子を育てながら、仕事を優先させている。 30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 『ライ麦畑で出会ったら』

20日キノで。 『ライ麦畑でつかまえて』は読んでいないが、気になってはいた。 1969年、アメリカ・ペンシルベニア州。 高校生のジェイミーは、女の名前とからかわれ、クラスにとけこめない生活を送っていた。 ある日、青春のバイブル「ライ麦畑でつかまえて」に感動し、演劇として脚色することを思いつく。 教師に話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女子旅?は姦し・・・

ホントは婆旅だけど・・・ 一度、「女子旅」なぁんて、言ってみたかった・・・ 3年前から定山渓へ。 友達が、勤め先にクィーンを聴いている人がいると、嬉しそうに話してくれたのは何年前のことだろう? クィーンに反応するとすぐに親しくなり、紹介してくれた。 「欧米かぶれ」がキーワードで、垣根が低く、すぐに打ち解けた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

紫蘇の葉の佃煮と梅シロップ

ふと思いついて、青紫蘇の葉とピーマンや万願寺南蛮の葉で佃煮を作った。 ↓以前教えていただいたのを忘れてしまい、ブログのページも探せなくて、いい加減に作った。 それでもおいしい! 南蛮を入れず、激辛南蛮で作った三升漬けを大匙1杯加えた。 ご飯に合うのはもちろん、トーストにも合う(?) 初夏のころに作った梅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伏流水のような友と空港で

26日、帰省していた友達と千歳空港で会う。 2年ぶりだったけれど、昨日の続きのように話す。 お元気そうな友達は、黒のジャケットの中に白地に濃淡のグリーン系の模様のお洒落なブラウスを着ていた。  (空港で買った、お揃いの撥水製の帽子) イタリア製とのこと・・・セレブへの憧れはなくなったと思っていたけれど、やっぱりい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真と気持ちの交換

本州の友達と、写真を絵葉書にして送りあっている。 写真は身近な場所や物、感動した場面を切り取ることができたらと思っている。 お互いに植物や絵、自然が好きなので共感できることが多い。 1度に5枚・・・ 郵便局に貢献している。 友達から届いたのは、ジャカランダの絵葉書と木の写真。 熱海で見たという…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

幸せに生きるために「陽を選ぶ習慣」 サミュエル・スマイルズ

『充実した人生を送るか最悪の道をたどるか、人生から 喜びを引き出すか不幸を引き出すかは、それぞれの人の 努力しだいなのだ。  人生には、考え方しだいで常に二つの面がある。  陰を選ぶか陽を選ぶかである。この選択を行うにあたって、 われわれは意志の力を働かせ、幸福になるか不幸に甘んじ るか、そのどちらかの習慣を身…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の便り

近くの集合住宅の使われていない駐車場に、フキノトウがたくさん顔をのぞかせていた。 一ついただいてきた。 この若草色は、春を届けてくれる。 水仙の芽 熱を放つ根開き   リュウゼツラン             気が早いけれど、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3人寄ればパワースポット

15日、SさんとYと1日?おしゃべりをしてきた。 中村屋旅館。 おしゃべり昼御前。11:30~2:30まで。 月膳2160円のを頼んだ。持ち込みもO・Kだそうな。 食後にコーヒーまたはオレンジジュースつき。 それにしても、一度も詰まることなくおしゃべりが延々と続いた。 このエネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

-18度 頬に当たる空気が痛い

今期一番にしばれた。 -18度。 市内の観測所では、-22度。 オーバーズボンをはき、防寒にマスクをして出勤。 それでも、頬に当たる空気が痛く感ずるほど冷たかった。 ただ・・・気温が低いけれど、今のところ降雪量は少ない。 去年も今年も少なめだ。2月がこわい。 年間を通したら同じくらいの降雪量だと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今は文系おばあちゃん?

友達から届いた絵葉書。 少女  南薫造(1883~1950) 明治42年 広島県賀茂郡内海町(現呉市安浦町)出身の画家。 東京美術学校西洋画科出身。1907年〜1910年にかけて、イギリスで学ぶ。文展、帝展、新文展、日展で活躍し、1932年から43年にかけては東京美術学校の教授を務めた。油画家、水彩画家と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♯Me&友Too

この頃、数回、新聞の半面を使って問いかけられている。 Me Tooとは・・・ 2017年10月15日、ハーヴェイ・ワインスタイン(ハリウッドの映画プロデューサー)によるセクハラ疑惑が報じられたことを受け、女優のアリッサ・ミラノが同様の被害を受けたことのある女性たちに向けて”me too”と声をあげるようツィッターで呼びかけた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無事に帰国したかな?

12月15日に発ち、今月の23日に帰る予定だった友達。 成田には予定通りに戻れたと思うけれど・・・ 23日前後は関東も大雪で、無事に札幌の自宅まで戻れたかな? フランスに住む娘のところに1か月以上も滞在できるなんて・・・いいな~ 1人で行くのもエライ! 今回は、北フランスのアルザス地方、ストラスブルグや…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

無言とう濃密ありて・・・

無言とう濃密ありて友と読みしジード・スタンダール純喫茶にて 20人も座れないような喫茶店で、青春の数年間を過ごした。 マスターは2人いて、兄弟デュオの「狩人」みたいだった。 20代のはじめ、職場の友達と、帰りはいつも一緒に過ごしていた。 毎日のように一緒だった。 話すこともなくなり、友達はコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心のパワースポット

好奇心とユーモア好む友のいてパワースポットは身近に在りぬ その昔田園とう純喫茶で友と話した映画のワンシーン 例会は新年会も兼ね、11時半に始めみんなでお寿司を食べた。 今朝は雨が降り、アスファルトがほとんど見えている。            雨垂れのあと ひと頃、パワースポットという言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3人寄れば社会に?

27、28日と、今年も3人で定山渓に1泊。 ブルキニは持たなかったけれど・・・ 地下鉄真駒内駅に、友達がSさんと一緒に車で迎えに来てくれた。 去年と同じように、ココスで、メッチャお喋り! Yの家でカーポートを造ったら、屋根の雨水が隣の敷地に流れると、80歳のオバチャンが、ナント、札幌市の?課に相談したという。…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

映画 『わたしはダニエル・ブレイク』

ペアチケットが当たったので、23日友達とプラザ2・5で。 第69回カンヌ映画祭パルムドール(最高賞) 〈今〉を懸命に生きようとする人々に寄り添い続けるケン・ローチ監督が、人間の尊厳と優しさを描く・・・ 「麦の穂を揺らす風」に続く二度目のパルムドール。 イギリスで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご縁?・・・

この頃よく映画をみる。 感動を話し合える人がいたら楽しいかも・・・・ おととしの11月「キノの秋祭り」ではキノではなく、狸小路5丁目のプラザ2・5で上映された。 開場を待っていたとき、後ろに並んでいたきれいな若い女性と好きな映画のことなどをほんの少し話した。 この方は映画のサークルに入っていて、その日も3本全…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

道美展とゴッホ展と

昨日、仕事を終えた後札幌へ。 ゴッホ展をみる前にSさんのお知り合いが出展されているという道美展をみた。 お知り合いは旭川家具の家具職人さんだとか。 桜の花びらや葉が、紙のように薄くした木で作られていた。旭川家具は、北海道の秀品の代名詞でもある。 絵画や陶芸、工芸、木工、染め、パッチワーク、写真。 どれほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丸ごと桃のケーキ

待ってました! 桃がおいしくなるときを首を長くして待っていた。 ほとんど桃。 桃の種をのぞき、クリームが入っている。 昨日友達と、千歳のおすし屋さんでお喋り。 ちょっと胸が痛くなるほど純粋だな~ 友達の口から「EQ (Emotional Intelligence Quotient)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭の花たち

今では兄の形見となった熊谷草。 20本にも増えたのに、今は9本。                                               貝母(バイモ、編み笠百合)   ユキザサ(雪笹)                   …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

6年間の友

10年近く前、道路に面した日当たりのいい庭に、昼咲き桃色月見草が咲いているのを見つけた。 苗をほしくて市内のお店を探したが、見つからなかった花だ。 どこで買ったのか聞きたかったが、すぐには声をかけられなかった。 勇気を出して声をかけたのは2011年の夏だった。 数種類の花が植えられた鉢を買ったら、その中にあったと…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

海老とアボカドのペストジェノベーゼを食べながら

昨日ココスで友達とお喋り。 (広告の写真のような大きな海老は入っていなかった) なんと6時間も・・・年に1度だから・・・ 11歳も若い友人だ。 年齢をこえて・・・と思っているのは年上の私だけ? 友達はとても色っぽい。その色っぽさと同じくらい心が清潔だ。 老いたご両親のことや職場でのこと、息子さんの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3人寄れば文殊の知恵&姦しい

「姦しい」の文字はいい得てはいる・・・ 友達と3人で新年会。 お喋りがメイン。 なので、にぎやかになってもO・Kの、円山の野菜メニューが多いバイキングのお店に行った。 周りは女性ばっかり。 オバちゃんたちは野菜が好きだ。(?) (私は信仰のように食卓に野菜を並べている) 17日に風邪で来…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画 『幸せなひとりぼっち』

友達とディノスシネマズで。 世界中30カ国でベストセラーとなったフレドリック・バックマン原作小説の映画化。 妻を亡くし一人で暮らすオーヴェは59歳。43年勤めた会社を突然クビになる。 自殺を試みようとしたとき、近所の人たちの邪魔が入る。 試みるたびに邪魔が入り・・・ 自治会のルールには厳しく、他…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「あなたにしか頼めないから・・・」

年末に友達が何やら持ってきた。 「母が送ってくれたのだけど、今歯が悪くて食べられないからあなたに食べてもらいたいの」 「せっかく母が作ってくれたものを捨てるのはしのびないし、こんなことはアールさんにしか頼めなくて」 鮭たっぷりの飯寿司、大根のワイン漬け、粕漬け。 ・・・ 娘を思いながら送ってきたものを、私が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more