テーマ:生活

病気の話ではずんだ3人会

阪神・淡路大震災からから25年もたった。 被災者の方々には、まだ25年だろうか。 多くの火災や道路から落ちそうなバスの映像に、ものすごく驚いた。 17日、毎月のランチ。 寒いのでドリアやグラタンをいただく。ドリアは食べ終えるまで熱々だった。 普段あまり話さないKさんが、12月に左足のかかとが痛くなり病院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年会&歌会

14日、海鮮釜飯をいただきながら、とろけるようなひと時を。 Yさんがいつものようにぜんざいを送ってくださる。 新聞に マドリードの夜道に頼る店の灯の七時に消えて団欒うかぶ 佳き年を願ひて迎へし元旦の地上を清め雪の降り来る 三箇日賑わいし部屋整えてたぎる湯の音や編棒無心 新婚の孫夫婦の同席に座は華やぎぬ 佳き年であれ 枯れ葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お嫁さんの実家から

3時少し前、お嫁さんのお母さんが届けてくれた。 お嫁さんのお兄さんの奥さんの里、高知からと思われるポンカンが今日届いたからと言って。 それに、お父さんが釣ってきた鱒か鮭と鱈をきちんとあらを取り除いて、すぐに鍋に入れられる状態で。 まるで娘にしてくれるように。 野菜サラダとデザートも。 カレーを作っていたけれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うるうるしながら読んだ先輩の小説

お昼少し前、20年以上もお会いしていない創作の時の先輩から荷が届いた。 きっと新しい小説を書き上げたのを送ってくださったのだろうと思い、ページを繰った。 目次を見たら巻頭作品だった。 教室でのあれこれを思い浮かべていたら懐かしくて涙がにじんできた。 読み終えてから電話をすると、風邪気味というかすれた声のはきはきと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うっすら雪化粧の新年

昨日の夜は星空だったけれど、新年は曇り空。 新年の抱負は・・・ 短歌を続けること。 好きな歌人を見つけるといいと数度読んだことがある。 好きな作風の歌人をという意味でしょうけれど、一人は栗木京子さん。 でも意図して詠めそうにないので、気の向くままに。 こんなに雪の少ないお正月はいつ以来だったか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雪のない年の瀬

温暖化のせいか自然災害がだんだん大きくなってきた。 そのせいか?年末だというのに雪がない。 といっても、大晦日の夜から新年にかけては荒れるらしい。 災害が最小限でありますように。 困難が最小限でありますように。 私の風邪気味状態が早く治りますように。 このページを訪れてくださったみなさま、どうぞよいお…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

メリークリスマス 姪のおもてなし

24日、姪が休みなので、兄のご機嫌伺いに行ってきた。 おもてなし上手な姪は、クリスマスなのでと、友達のYちゃんと一緒に作った韓国料理をご馳走してくれた。 たぶん私は一度も韓国料理を食べたことがない。 チーズを使った料理は洋風だった。 サラダはレストランのようにグラスに入れ、ドレッシングは自家製でアヒージョにお寿司…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年うれしかったこと

20日、今年最後の例会。 先生は15分を過ぎてもお見えにならない。 電話をしたら急いでこられた。 しきりに謝られ、闘病中のIさんは欠席。 新聞に 朝ドラの「スカーレット」に観る昭和暖かきかなセーターも人も 師走なか夕日に染まる雪垂(ゆきしず)り国会は花見の釈明せぬまま 文明の利器なき時代に生きた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友達とアゴーラへ

アゴーラのランチに行ってきた。 とりとめのない話を切れ間なくしながら、たっぷり時間をかけていただいた。 メインのパスタは、半分ずつシェアして2種類楽しんだ。 かぼちゃのスープもアイスもおいしくて、孫たちにもオシャレにして出してあげたいと思った。 お一人さまが3人、男性は2人。 ただ・・・ お店を出ると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 『芳華』

DVD。佳作。 やっぱり映画館で観たかった。もう1度みたいほどに良かった。涙がにじんだ。 音楽が切ない。 1970年代の中国。 文化大革命や毛沢東の死、1979年の中越戦争(ベトナムと戦争をしていたのは知らなかった) という激動の中国。 日本でも戦時中には慰問団というのがあったそうだが、中国の軍にも歌や踊り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kの会の今年最後の例会

8度もあり、やっぱり根雪にはならなかった。 新聞の大阪本社版の地域の方から「ひととき会」へのお誘いの便りが届いた。 年に3回「ひととき」を発行し、そこに寄稿することと、幾つかのブロックがあり、会ごとの催しに参加するようだ。 北海道から参加できないことはないと思うけれど、ちょっと考えた。 とりあえず関西方面の方が書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川遼君 逆転優勝!

今朝は新聞が休みなので、たぶんカラーで写っているだろう遼君の雄姿がみられない。 夕刊じゃテンションが下がるな~ スポーツ紙を買うほどでもないし・・・・ 前日は2打差の5位。 新聞に、背中にカイロを貼ってプレー。「このくらい寒い方が難しくて面白い。いつも通りやればチャンスはある」。 プレーオフはパー3の18番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

郵貯財団へ

根雪には早いけれど、もしかしたら根雪かも・・・ 寒い日が続いている。 今朝は-8度だった。 ダメもとで投稿。 せっかく毎月詠んでいるのだから、もしかしたら日の目をみることができるかもしれないと思い・・・ もしも図書カードが当たったら、孫たちにプレゼントできる。 ワイルドベリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パウロ教皇の傍らに「焼き場に立つ少年」の写真が&初めてのお便り

 クリスチャンの友達から届いた。  過日広島を訪れたパウロ教皇が、爆心地公園でスピーチする教皇の傍らには米軍カメラマン、ジョー・オダネル氏(2007年に85歳で死去)が原爆投下後の長崎で撮ったとされる写真「焼き場に立つ少年」が掲げられた。  教皇はこの写真に「戦争がもたらすもの」とメッセージを添えて教会関係者らに配布し、平和…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の女子会

女子会に行ってきた。 26日、札幌に早く着き過ぎたので、歩いてススキノ駅へ。 YとSさんと真駒内駅で10時に待ち合わせ、以前にも寄ったことのあるファミレスで早いランチを。 1時半までひたすらお喋り。3月以来だったので、積った話が・・・ Yは成田空港での出国トラブルや娘さんの転居先のカナダの予想外の住宅事情。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽しむ短歌

 10人に満たない短歌の会に、2人加わった。以前より活気が出て、盛り上がって楽しい。楽しさを味わっていたら、ふと30代に出会った4歳若い友人の言葉を思い出した。  進学校に昔通っていたという友人は、卓球部に入り勉強のかたわら練習に出ていた。すると仲間の女子から「サボらないで練習に出て」と文句を言われたという。自分の考えをしっかり言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月の例会 Hの会

昨日は、もう少し気温が高ければ小春日和というような日だった。 物置にしまった自転車を出して、H町内会館へ。 辞めたいと言っていた札幌のYさんの歌が二首、Jさんに届いていた。(ほっ)   落葉松(からまつ)の木 秋に黄葉した葉っぱが落ちる時、日に映えてきらきら光る。 台風の惨(ざん)は見えしか弦月の鋭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分への投資はいくら?

友達のところには三線が一つ遊んでいる。 友達は絵心や音楽心があり、娘さんも習っていたし・・・習ってみたら?と誘い水を向けた。 「先生嫌いだから」と即答した。 嫌いな先生に無理して習うのも・・・と思ったが、札幌にはヤマハや河合音楽教室があり、フリーで教えていらっしゃる方もおいででしょう。 今はその気になれないのかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大根のビール漬け

今日は真冬日並みに寒い。 昨日から仕事には徒歩で。 いろんなことが億劫になったけれど、ビール漬けは簡単だから・・・ 大根はそこそこの大きさの方がおいしいと、Wさんから教えていただいた。 なので、そこそこの大きさのを買った。 土つき大根8本680円ナリ。 寒かったけれど、大根は芝生の雪で泥を落とし、それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1年3ヶ月ぶりにMちゃんと&3人会

14日、Mちゃんと。 先月、聞いてほしいことがあるという・・・ 比べられないかもしれないけれど、私の周りでは最も困難を乗り切ってきた人だ。 どうしたらいいかと、前向きに悩むところがいい。 肩より長めの髪型がちょっと違う雰囲気・・・と思っていたら、おしゃれウィッグとのこと。 シングルマザーとなって何年になるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月の例会 Kの会

あわただしく姉が来てあわただしく帰っていった。 姉自身があわただしい人だ。 例会を始めていたら、先生から私のスマホに着信の音楽が鳴った。 音を消していた筈なのにおかしいな~と思いつつ話した。 タクシーで来たけれど、会場を探せないという。 Sさんと私で迎えに走る。 先生は反対方向に向っていたらしく、遠く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法要の膳  北海道道央版?

義姉の一周忌。 義兄の家族と兄嫁さんの妹さんご夫婦、義妹と我が家夫婦が出席。 お経をいただき、お開きに。 姪や甥たちは人懐っこくて、よく話しかけてくれる。母親のいない生活は寂しいでしょう。 末っ子のM君はスマホに明るく、失敗談や手間取ることなどを話すと、すぐに答えてくれた。 帰りに、2人分の折り詰めをいただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホテルニュー王子の北寄貝(ほっきがい)のカレー

短歌の先生が、お1人で苫小牧の王子ホテルの北寄貝のカレーを食べに行ってきたと話された。 先生は86歳。毎月、たぶん10年以上も指導に通われている。 虎杖浜の温泉へ行く前に、姉と3人で行ってみた。 16階のグランビューという、苫小牧の海を一望できるレストランだった。 私が作る、北寄貝のカレーでも甘みがあっておいしい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

迫りくる老い 義姉の場合 

今朝は-1度くらい。  冬知らず 5日、広島の姉が来た。 ここ数年、札幌の義姉が甥(いつもは長男だが今回は次男)の車で迎えに行くようになっていた。 10時過ぎ、姉が着いた頃だと思っていたら、姉から「M子お義姉さんがきていない」と電話がかかってきた。 もしかしたら忘れた? 事故の不安よりもそのことの方が先に浮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

22年前の文章 姉の住む郷

 姉の嫁ぎ先を初めて訪れたのは二十三年前。広島駅から義兄の車でいくつもの野山を越えたのに、見えるのは低い山と小さい田圃とまばらな民家だけ。兄妹で一番派手で、流行を追う姉がこんな山奥で暮らしているのかと思うと、つらくなった。  3時間かかって着いた。お姑さんは畳に額をつけるように何度も頭を下げた。昔の人の姿がそこにあった。帰るとき、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星色の自転車

 「補助輪が取れました!」とお嫁さんからスマホに動画が届いた。図工が1番好きという6歳の孫は、まだ自転車の補助輪を取れずにいた。次女のせいか、まわりは「その内取れる」とあせる風ではなかった。  画面の孫はうれしそうに余裕で体を左右にふり、「バイバ~イ」と母親に声をかけている。本人は補助輪が取れなかったことを気にしていたのかもしれな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年のハロウイン

ハッピーハロウイン! パート先の人のお孫さんは、3年生の男の子で、いつも歌い踊り、絵を描いているという。 じゃ、ハロウインの顔を書いてと頼んだ。 可愛い~! 早く作りすぎたのか、今年の秋は暖かすぎたのか、月末まで持たずにダウン。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島松駅逓所跡の紅葉

朝テレビに、島松駅逓所跡の真っ盛りの紅葉が映った。 天気がいいせいか鮮やか!仕事を終えて行って来た。 少年よ大志を抱け   道外の人はご存知だろうか? 北海道庁の池に移植した蓮 島松駅逓所 町内の銀杏 通りによって日当たりが違うので、黄葉の度合いも違う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目から鱗

Yさん、欠席。歌もなし。お孫さんの結婚式だとか。 こんな風に作るのか・・・今までも何度も聞いてきたのに・・・目から鱗が落ちた。 先輩の歌より  温もりを求め執拗に纏ひつく蠅打ち払ひ捨つるも空し 作者の思いは、纏わりつく蠅を殺したいけれど、殺したら後味が悪い・・・   温もりを求め執拗に纏ひつく蠅一匹を打…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more