テーマ:ひとりごと

少しわかった気がする・・・

新聞の記事がむずかしい。 もともと読解力に欠ける私だけれど、老いもあるかな~ オウム関連の記事が続いた。 なぜ高学歴の若い人たちがカルトに惹かれるのか疑問だった。カルトに詳しい心理学教授の言葉に少しみえてきた。 「誘う側」と「引き寄せられる側」の相互作用こそ、カルトの見えにくい本質という。「特殊な集団が若…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

姉に決めてもらった紅いランドセル

昨日、久し振りに孫たちをあずかった。 息子が休みだったけど、「おばあちゃんちへ」と言ってくれ、連れてきてくれた。 光栄です。 市のふれあい広場で、上の子の好きな盤上ゲーム「ラビリンス」を楽しむ。 海編の図柄の新しいのに変わっていた。 今日9歳になる孫が好きなだけあって、得意だ。 頭の回転に欠けるおばあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳人 夏井いつきさん

今一番楽しみにしてるテレビ番組は『プレバト選手権』の俳句査定。 俳句を作るわけではないが、夏井いつきさんの発想の飛躍や、お直しに感動する。 私には、行ったことはないけれど予備校の先生のように教え方が上手な気がしている。 初めの頃の毒舌には驚いたが、今はむしろ小気味いい。 それに、新聞の梅沢富美男さんの言葉にあるよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今迄で一番楽しかった例会

9日、Kの会例会。 サプライズで札幌からYさんが参加された。 いつもは2時間だったのに、ナント今日は3時間もかけた。 Yさんは深い歌を詠まれ、社会へ問いかけ、私達へも問いかけてくれる。 Yさんは「今日は刺激を受けた~勉強になった~」と何度も言われた。 私たちの方こそ、短歌に絡む社会のことなどの会話が弾み、心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 『女と男の観覧車』

29日フロンティア。 ウディ・アレン監督。 1950年代、監督が幼少期を過ごしたニューヨークの行楽地コニーアイランドが舞台。 元舞台女優のジニー(ケイト・ウインスレット)は、ウエイトレスをしていた。 回転木馬の操縦係と子連れで再婚している。夫にも結婚している娘キャロライナがいた。 ところがジニーは、劇作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

是枝監督に敬意  『万引き家族』

カンヌのパルムドールを受賞した是枝監督に敬意をこめて、観てきた。29日フロンティアで。 ホントの家族ではない、寄せ集めの家族。 おばあちゃん(樹木希林)、父親(リリーフランキー)、母親(安藤サクラ)、母親の妹?、少年の4人に、ある日近くの家のベランダで震えていた女の子を父親が連れて帰る。 女の子の腕には、やけどのあとが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

伏流水のような友と空港で

26日、帰省していた友達と千歳空港で会う。 2年ぶりだったけれど、昨日の続きのように話す。 お元気そうな友達は、黒のジャケットの中に白地に濃淡のグリーン系の模様のお洒落なブラウスを着ていた。  (空港で買った、お揃いの撥水製の帽子) イタリア製とのこと・・・セレブへの憧れはなくなったと思っていたけれど、やっぱりい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9年前のひと言を・・・

屋根と壁の塗り替えを頼むことにした。 今までお願いしていた業者さんにと思っていた。 が、パート先の若い先輩のご主人は塗装業をしておられる。で、4年前に「次はお願いね」と言われた。 これまでの業者さんに不満はなく、変える理由が見つからないため明言はしなかった。                              …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

間違う?から人間だとは思うけれど・・・

過日山口達也が未成年女性を自宅に呼び・・・という事件に、ジャニーズもTOKIOもやめる?羽目になった。 高校生と知っていて、夜の10時に呼び出すのだから、非難は免れない。 その前に、40代半ばの男性が女子高生の連絡先を手に入れていたことが・・・?      利尻ひなげしの園芸種?短歌の先生よりいただく …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「長寿は決して幸せでない・・・」

先日届いた先輩の便りの一言に立ちどまっている。 先輩は84歳。 お元気で毎月短歌を詠み、結社にも参加されている。 札幌で1人暮らしをしておられる。たしか近くには娘さんの家があったように思う。 私にはまだ80代の人の気持ちや心は想像しかできない。 書かれていた、「長寿は幸せでないと思うのですが・・・」という意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

侏儒(しゅじゅ)の言葉 幸福と瑣事 芥川龍之介

幸福と瑣事  『人生を幸福にするためには、日常の瑣事を愛さなければならぬ。 雲の光り、竹の戦ぎ、群雀の声、行人の顔・・・・あらゆる日常の瑣事 の中に無上の甘露味を感じなければならぬ。  人生を幸福にするためには?・・・しかし、瑣事を愛するものは瑣事 のために苦しまなければならぬ。庭前の古池に飛び込んだ蛙は百年 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

降った~

去年と今年は雪が少ないと思っていたら、昨日からたった1日にして雪が積った。 1日中降っていたわけではなく、おまけに温かいので霙のようだったり、粉雪になったり・・・牡丹雪になったり・・・ 28日の向かいの光景。まだ茶系の家の窓が見える・・・ 今朝も温かく、0度。 でも時々横殴りの雪になる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご縁・・・2

過日、短歌のYさんから教えていただく。 『九十歳。生きる喜び 学ぶ楽しみ』 清川 妙 著 九十歳でもその意欲がすばらしいと、話された。 Yさんはまだ八十と少し・・・ で、久し振りに図書館に行き予約。なかったので、他の図書館からお借りしてくださるという。 1週間もしない内に取りに来るよう連絡を受け取った…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

女性へのあたたかい眼差し

8日の朝刊に。記事を拝借します。  「彼女たちが強張る理由」 書いたのは、ミュージシャンの後藤正文さん。 ・・・ミュージシャンたちと意見を交換しながら、作品を作り上げていく作業は刺激的でとても楽しい。  もちろん難しさもある。  たとえば、僕の意見や疑問が音楽的な美しさに捧げられたものだとしても、彼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見習いたいと思い合えるのは幸せ

お互いに見習い合いたいと思って仕事ができるのは幸せ! 16日パート先で。 38歳のイキのいい女性Sさんと、「新しく入ってくる人たちは若いだろうか?・・・多分オバチャンだよね」と話していた。 「私は(加齢からの)ミスを重ねるようになったら、辞めるから・・・」と伝えた。 するとSさんは、「まだ見習いたいことがある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『友だち幻想』・・・

新聞より・・・ 「友だち」なら何でも理解できる? 今、9年前に書かれた『友だち幻想』が売れているという。 著者は菅野 仁さん 去年56歳で亡くなっている。 概要は・・・・ 友達は多いのに寂しかったり、大切な関係に疲れてしまったり・・・・。こんな相反する気持ちが生じるのはどうしてだろうかという疑問に正面から答…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6年間の友

10年近く前、道路に面した日当たりのいい庭に、昼咲き桃色月見草が咲いているのを見つけた。 苗をほしくて市内のお店を探したが、見つからなかった花だ。 どこで買ったのか聞きたかったが、すぐには声をかけられなかった。 勇気を出して声をかけたのは2011年の夏だった。 数種類の花が植えられた鉢を買ったら、その中にあったと…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

さすが!エリカさま

過日「踊るさんま御殿」に沢尻エリカが出ていた。 「別に」の無愛想な態度が、強力にインプットされている。 そして、先を考えず?に捨て身のような一言を言える無謀さと強さも忘れられない。 で、「踊るさんま御殿」での話。 ネットに「死ねばいいのに」と書かれても全く気にならないという。 そして、「お前が死ねよ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画 『ムーンライト』

8日、観やすいように高低差のある座席の、ディノスシネマで観た。 9:40分の上映には30数人くらいしかいなかった。 次の上映分には階段下まで並んでいた。 アカデミー賞の発表で、作品賞を「ラ・ラ・ランド」と読みあげるミスがあったね。 エグゼグティブプロデューサーの意味はよく解らないけれど、ブラッド・ピット。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

厳しいのとゆるいのとどっちがいいのかな・・・?

「生きるべきか死ぬべきか・・・それが問題だ」 と、ハムレットが言ったのかどうか・・・違うニュアンスの訳もあるらしい。 些細なことだけれど、また、職場のできごと・・・ 前ページより続く 50代のTさんは神経症だと思うが、仕事には無意味なこだわりだけでなく、記憶も仕事もゆるい。 去年よりも悪くなったような気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さなことかもしれないけれど・・・心に届いたかな・・・

脳トレにと始めたスーパーの掃除のパート。 3時間の掃除の、想像をはるかに超えた細かさに閉口した。3人いて、毎朝2人ずつ出勤。 20分早めに出勤し、会社に近づくとコートのボタンを外し、手袋も脱いで入る。(早く行っても開いていない) 面接に、当時常務だった方が3,40分もかけて応対してくださった。 もしかしたら、若く…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

映画 『海は燃えている』

23日24日と、名残り雪が降った。 一面雪景色。 市の除雪事業は3月15日で終えているせいか、通学路の雪もそのままになっている。 昨日か今日あたりが終業式かな? 15日にディノスで。 前ページの『ヨーヨー・マとシルクロードを旅して』を観て、違う映画館の映画を梯子をしたのは、数十年ぶり・・・   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪だるま&例会

絵心も工作心もないのに、なぜか作りたくなる。 ?? へたな雪だるまを見た小学生が、クスッと笑ってくれたら嬉しい。 ご主人の病気や父親の介護で、Nさん退会。 一番若い方だったので、若い風を吹かせてくれた・・・残念。 拙作は  古寺に「萌え観音さま」バーチャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パンチの効いたミーティング 

昨日、パート先の3人でミーティングをした。 10時半から1時まで。 どんな展開になるのかと思いをめぐらせたけれど、出たとこ勝負でイイやと、仕事の流れの確認だけを考えて行った。 ・・・  ・・・・ 昨日の2時間半は、Tさんのあるがままを受け入れる時間をくださいということだったのかも??              …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

職場チョコ?

パート先の30代の女性からいただいた。 バレンタインデーにチョコレートをいただいたのは初めて。 そう言うと、「今は友チョコがありますよ」とのこと。 そうだね、「自分チョコ」もあるらしい。 友チョコは知っているけれど、友達ではなくて・・・義理チョコか職場チョコかな。 想定外の贈り物が嬉しかった! 生チョ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石の上にも3年

3年が過ぎた。 2014年の2月10日から始めた掃除の仕事。 老い防止が目的だった。 防止とまではいえないけれど、わずかに遅らせているとは思う。 そう自信をもって言えるのは、作業の進め方が細か~いことが多いから、3年たった今も、20秒単位の時間短縮や要領を考えている。 スーパーでなければ、もう少し楽だっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1月の例会

昨日は二つ目の会の、今年初めての例会。 最高気温は+の5度で、雨が降った。 今日は-3度の予報。 朝の雪道が滑りそうで怖い。 始まる前に、介護施設から札幌のマンションに転居したYさんは「ルンルンだよ」と聞く。 思い切って出られ、良かったですね~ 親が病気というNさんが欠席。先生と7人が出席。     …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3人寄れば文殊の知恵&姦しい

「姦しい」の文字はいい得てはいる・・・ 友達と3人で新年会。 お喋りがメイン。 なので、にぎやかになってもO・Kの、円山の野菜メニューが多いバイキングのお店に行った。 周りは女性ばっかり。 オバちゃんたちは野菜が好きだ。(?) (私は信仰のように食卓に野菜を並べている) 17日に風邪で来…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ミーティング 歳をとってよかったと思うこと。

18日、会社の方が(勤務店に)来られた。 私が休みだった17日にも来られ、そのとき若いSさんがもう一人のTさんへの苦情を伝えたらしい。 それで、Sさんと私が出勤の昨日見えたということ。 Sさんの不満は溜まっていた。 時々は私にも話していたけれど、その度に言うと私に負担をかけると思い、言わないできたそうな。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロックだね! 同性として人間として、わかるけどな~

半径1.5キロ圏内で暮らしているので、私の思考は狭い・・・ テレビで聞きかじったことだが、「保育園落ちた日本死ね・・・」の言葉を汚いと言う人がいて、言った人が有名人?らしく、話題になったようだ。 「保育園落ちた日本死ね」とテレビで知ったとき、勇気あるな~と感動した。 ロックだね! なぁんて、ロックを知らな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more